« 大女優に遭遇 | トップページ | 胸キュンとしたヒト »

2011年7月16日 (土)

今年の夏、スイカ

土曜日や、日曜日は、ご存知のとおり、西尾アナ情報に精を出しています。

今日も頑張って書いたので、私の情報は(笑)短めです。

今年の夏は、熱くなりそうです。

行動範囲が広がった分、休みは友人と会うことが多くなりそうです。

今までが、インドア派だったので、たくさんの思い出を作りたいです。

20代最後の夏なのでね。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、松本市波田のスイカ畑からの中継でした。

西尾くんは、麦わら帽子をかぶり、首にタオルを巻いて、長靴姿で登場しました。
スイカの名産地を歌っていて今回も元気いっぱいでした。
スタジオから、服装を指摘されて「スイカ泥棒みたい~」と言われてましたが、カメラが移り変わり否定していましたね。

農産者のご夫婦がスイカの出荷風景を再現してくれました。

スイカのつるは長い。

つるの先を旦那さんが切って、奥さんに向かってポ~ンと投げると、見事にキャッチしました。西尾くんも挑戦してましたね。
うまくキャッチしていました。

とれたてのスイカを西尾くんが食べていて、おいしそうでした。
スイカをのこぎりのような包丁で切ると真っ赤な果実が現れました。
とれたては、歯ざわりがよく、濃厚な甘みだそうです。
品種は、まつりばやし777(スリーセブン)。

波田の昼と夜の温度差がスイカ栽培に適しているそうです。

黄色いスイカもありました。品種は、「こがね」。
味は、果実がやわらかく、甘さ控え目。

チームスイカといって、JA松本ハイランドの職員が3人で組み、よりよいスイカが育つように栽培のアドバイスをしています。これは、心強いですよね。

西尾佳の歴史コレクションでは、スイカの歴史について教えてくれました。

スイカの原産地は、南アフリカの砂漠地帯。

昭和以前は、「鉄カブト」といわれる黒いスイカが主流でした。

松本平の畑は、95パーセントがスイカ畑で占めているそうです。

今週も勉強になりました。

明日まで松本市和田のスイカ村で、2011すいか祭りを開催しています。

確か「土曜はこれダネを見たよ」というと、1800円の大玉スイカを、1000円に値引きしてくれるそうです。

P.S 今週のスーパーニュースの対応素晴らしかったです。

|

« 大女優に遭遇 | トップページ | 胸キュンとしたヒト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の夏、スイカ:

« 大女優に遭遇 | トップページ | 胸キュンとしたヒト »