« ウランちゃん | トップページ | また更新が遅れる理由 »

2011年8月11日 (木)

諏訪湖でくつろぐ

夏を楽しんでいて、一週間ぶりの更新となります。

楽しいこともありますが、ストレスもありますよ。

我が家は、昨夜1時間ほど雷の影響で停電になりました。
近所の方も停電で、中部電力に電話してくださったおかげで復旧しました。

さて、話は変わりますが、夏は水が恋しくなります。

海なし県なので、この時期は、よく諏訪湖へいきます。

特に湖畔にある彫刻広場の水際に行って、岩のイスに座り、水平線や町並みを見るのが好きです。

先日、行ったら、鴨がいてくつろいでました。

クローバーをついばんだり、よちよち歩き回ったり、首を180度まわし羽の中に顔をうずめて眠っている鴨もいました。

一番かわいかったのは、泳ぎ疲れて、うつらうつらして、つぶらな瞳をしばたたかせていたところです。

人間と同じように、眠りだすと、首をこくん、こくんと動かすのです。

癒されます。

日曜日は、小さい子どもを連れた家族連れが多くきています。

水際で、平和そうにしている鴨たち。

この鴨たちとの関わり方には、2パターンあります。

見守るタイプ。

近づいていくタイプ。

前者は、小さい子どもが近づこうとすると「鴨さん、休んでいるから近づいちゃダメよ」と注意する親。
少し距離を置き眺めるだけの子ども。

後者は、子どもが走って近づいていっても、注意しない親。
近づいていくのは、いいのですが、勢いよく駆けていくと、鴨がびっくりします。
休んでいた鴨がいっせいに湖面へ逃げていきます。

逃げていく鴨にさらに追い討ちをかけるように、小石を投げつける子ども。
それを、注意することなく、笑ってみている親を残念に思いました。

結婚も未定な私ですが、将来家族が出来たら、前者のような親になりたいです。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

すみません、遅れてしまったし、放送中に来客があり、途中までしか見られませんでした。

長野びんずるからの中継。

中央通りを1万2千人が踊っていました。
長野市在住の外国人も楽しんでいました。

浴衣の女王コンテストが行われ、既婚者、子持ちには見えない可愛らしい人が選ばれたのですね。

西尾佳の歴史コレクションでは、浴衣の歴史について教えてくれました。

平安時代、貴族が蒸し風呂に入るとき、やけどをしないように使われ始めた。

江戸時代、バスタオル代わりに使われていたのですね。

今回も勉強になりました!

|

« ウランちゃん | トップページ | また更新が遅れる理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪湖でくつろぐ:

« ウランちゃん | トップページ | また更新が遅れる理由 »