« 懐かしい歯科医院 | トップページ | けじめ »

2011年12月18日 (日)

もうすぐクリスマス

クリスマスまで、あと一週間ですね。

彼とは週2回電話をする程度で、1ヵ月会っていません。

いったん距離を置いてみて様子を見ようということになりました。

それでも、クリスマスには会いたいね、ということになり、会う予定です。

彼は、体調も良くなり、元気です。

男性がクリスマスにほしいものをネットで調べたり、本人からリクエストを聞いてネクタイを贈ることにしました。

私が知っているブランドもありましたが、値がはるので、西陣織のネクタイに決めました。

私の希望は、赤い薔薇(笑)。

でも、とげがあるから、花はセンスに任せると言っておきました。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

昨夜のこれダネは、白馬村からの中継でした。
古民家を改築した「なべや庄屋丸八」

たくさんのお客さんで賑わっていました。

西尾くん、美味しそうに三種類のお鍋を食べていましたね。

まず、モツ鍋が登場しました。
豚ののどの軟骨も入っていて、鳥の軟骨以上にこりこりしていて、つるっとした食感だそうです。

2品目は、白馬鍋。
熱したなべに、どっさりの綿あめを入れて溶かしていました。
これには、驚き。
そのなかに、はくばの豚、調味料を入れました。すき焼きです。
味は、甘ったるくなく、むしろはくば豚の甘みが際立っているとのことでした。

3品目は、吹雪鍋と呼ばれる真っ白い鍋。
具は野菜、豚肉などでした。

西尾佳の歴史コレクションでは、鍋の歴史について教えてくれました。

1000年以上前からある日本料理です。

江戸時代には、東ではおでん、西では湯豆腐が人気でした。

明治以降は、1200年続いた肉食禁止をといて、鍋に肉が入るようになったそうです。

今回も勉強になりました。

うちも、味の素のほんだしレシピの「豚バラと白菜の重ね鍋」を美味しくいただきましたよ。

|

« 懐かしい歯科医院 | トップページ | けじめ »

コメント

”近すぎて見えない支えは 離れてみれば分かるらしい”と
稲垣潤一も歌っていますからね。一端意図的に離れてみるのもいいのかも知れません。もっともこの曲(クリスマスキャロルの頃には)は別れの歌なのですが…離れた結果が二人にとって良いものであることを祈っています。

投稿: kenji | 2011年12月18日 (日) 14時49分

こんばんは。

コメントありがとうございます。

kenjiさんの言葉に、改めてうたまっぷで歌詞を読みました。

いや~秋元康さん、さすが巧いこと書きますな~。

それは置いといて(笑)彼とは、先が見える関係です。
そうとわかっているけれど、別れられない。
今の私は、好きだけど、結婚をしたいとまでは思わないです。

彼は幼稚な部分があります。

頭がよく、優しい心の持ち主のkenjiさんの方がよっぽど頼りになります。


投稿: たかこ | 2011年12月18日 (日) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐクリスマス:

« 懐かしい歯科医院 | トップページ | けじめ »