« 変化 | トップページ | もうすぐクリスマス »

2011年12月10日 (土)

懐かしい歯科医院

長野も本格的に寒くなってきました。

8年ぶりに歯医者さんへ行ってきました。

寒風が口に入ると、上の歯の奥から二番目の両側の歯にしみて、痛みを感じたのです。

今回は、私が保育園から小学校低学年にかけて通っていた歯医者。

20年前と全く変わらない院内。
そして、20年前と変わらない色の入ったレンズの眼鏡をした受付のおばさん。

タイムスリップしたようでした。

母と同じ世代くらいの歯科衛生士のおばさんが保育園の頃の私を覚えていてくれて、しみじみと大きくなったねえ、と言ってくれました。

「私のこと、覚えています?」

「うん、よくお母さんに連れられて来ていたじゃん」

と微笑んでくれました。

20年という月日が経っているのに私を覚えていてくれる人がいるなんて・・・。

涙が出る思い。

診察結果は、虫歯ゼロ。きれいな歯をしているということでした。

水をかけても痛みはなく、よっぽど冷たいものでないと歯にしみないことがわかりました。

知覚過敏でもないということでした。

歯石をとりに来週も行きます。

再会あり、歯も健康だとわかった(笑)いい日でした。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、長野市の南長野運動公園からの中継でした。
住民手作りのイルミネーションフェスタ開催中。今月24日まで、時間は午後5時から午後10時まで点灯しています。

園内には、色とりどりの作品がたくさんありました。
6万球あるそうです。

1000本のペットボトルで作ったツリー。ピンクとブルーに点灯していました。

地元に住む子どもたちが書き上げたポスター画がずらりと並んでいて、絵のふちが電球で光っていました。

土日の夜7時までは、地元の奥さんたちがボランティアで、すいとんやおでん、綿あめをふるまっています。確か、すいとん一杯200円でした。
西尾くんも美味しそうに食べていました。

このボランティアをされている奥さんたちのチーム名を「信州なでしこ隊」というそうです。

これにちなんで、西尾佳の歴史コレクションでは、なでしこの花の歴史について教えてくれました。

奈良時代からある花で日本最古の花のひとつである。

唐なでしこと区別するため、日本のなでしこを「大和撫子」と命名。

外来の唐なでしことは違い、繊細な茎、可憐な花が特長です。

今回も勉強になりました!

番組のエンディングで、7メートルのツリーのなかに入って「信州なでしこ隊」の奥様がたに囲まれて、今夜も無事に中継を終えました。

|

« 変化 | トップページ | もうすぐクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい歯科医院:

« 変化 | トップページ | もうすぐクリスマス »