« もうすぐクリスマス | トップページ | 新年のあいさつ »

2011年12月22日 (木)

けじめ

ご報告が遅くなりましたが、11月末日をもって介護の仕事を辞めました。

1年1ヶ月間、私なりに懸命に働いてきました。
しかし、自分は介護の仕事に向いていないと判断し、母をはじめ周囲にも相談して決断したのです。

入浴介助を除いては、職員とほとんど変わらない仕事内容でした。
給与は、わずかなもの。
私と同じ世代の健康な女の子に比べれば、はるかに低いものでした。

精神疾患を持ちながら、外に出て働くことの厳しさは、当事者仲間から聞いていました。
統合失調症を持つ知人は、難関大学を卒業し、しばらく家にいましたが、作業所に通うようになりました。
給与は、一日働いても100円という厳しい現実。
ひと月6万円ほどの年金に頼る生活です。

このブログでは一度も告白したことはありませんが、私は、知人ほどではありませんが、やはり例外ではありませんでした。

私には、ありがたいことに、介護の仕事を辞めても、他に収入源がありますので、贅沢さえしなければ、生活していけますので、大丈夫ですよ。
それに実家住まいだということもプラス要素ですね。

給与のことばかり考えれば、マイナスの方向にいってしまいますが、仕事をしたことでお金には変えられない、大きな収穫があります。

人生経験豊富なお年寄りとの交流で、たくさんの優しさをもらったこと。
ちょっと手伝っただけで、お年寄りから「悪いね。ありがとう」とこちらが恐縮するほど感謝され、私もなにか人の役に立てるのだとうれしく思いました。

そして、花嫁修業もできました。
料理は、数え切れないくらい覚えることができました。
50代、60代の女性が多い職場で、「長野のお嫁さんは、ひとりで野沢菜を漬けられなければ一人前じゃない」と言われ、しっかり仕込まれたのです。
家でも、職場の影響で、お皿洗いから、洗濯物の干し方まで改善できるようになりました。

夜は午後11時までには、布団に入る習慣がつき、身体がラクになり、よく動けます。

理事長の「利用者を楽しませてナンボの仕事だからね」との指摘には、十分にお応えできた自信はありませんが、以前より性格が明るくなりました・・・。

今後は、詩、短歌、俳句などの創作活動に打ち込んだり、資格の勉強をしたり、結婚に向けて(できれば永久就職できるよう)頑張っていきたいです。

おかげさまで広報紙への連載も今年の9月で、3年目に突入しました。

今後とも私をよろしくお願いいたします。

|

« もうすぐクリスマス | トップページ | 新年のあいさつ »

コメント

こんにちは。

残念なお話ですが、それがたかこさん自身の決断なら仕方ないですね。今までお疲れ様でした。
病気持ちというのは、色々と大変ですよね。自分も今、それを痛感しています。

投稿: kenji | 2011年12月23日 (金) 04時53分

kenjiさんコメントありがとうございます。

私もある意味一から出直しです。

お互い自分のペースを大切にして焦らず過ごしていきましょうね。

投稿: たかこ | 2011年12月23日 (金) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けじめ:

« もうすぐクリスマス | トップページ | 新年のあいさつ »