« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月29日 (日)

1ヵ月ぶりのお肉

昨日約50日ぶりに、家から徒歩1分の美容室に行きました。

体調を崩した経緯を店員に話し、同情してくれました。

最近は、婦人科の病気を持つ方が多いのですね。

店員さんの娘さんも子宮頸がんの一歩手前で昨年手術を受けたそうです。

私も大きな病院で精密検査を受けたほうがいいのかな。

それにしても、鏡に映る私の顔色が悪い。
青白く、血の気がない。

もう1ヵ月以上も肉を食べていないのだから。

帰宅後、ソースカツ丼を店からテイクアウトして、食べました。

さすがに胃がもたれましたが、力が出てきました。

一週間に一度くらいのペースで食卓に肉を登場させたいと思います。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳情報

昨夜のこれダネは、NBSの前庭からの中継でした。

信州のアイドル大集合!ということで、3組のご当地アイドルが集合していました。

西尾くんは、最近は背広姿が多いのですが、昨夜は涼しげなワイシャツにネクタイ姿でした。

一組目は、ビームアイドルスクールのみなさん。
長野市を拠点に活動しています。
平均年齢12歳。
キャッチフレーズは、「スマイル命」
みなさん、髪に白いレースのリボンをつけ、白いブラウスに小さな赤いネクタイ、赤いチェックのティアードスカートをはいていました。
AKBに似てはいるけども、しっかり長野のオリジナリティのあるみなさんです。

2組目は、塩尻市を拠点に活躍する「DOLLS」の2人組。
先日の地元のお花見会で、デビューしたばかりです。
平均年齢20歳。
大人っぽさを感じましたね。
キャッチフレーズは、「塩尻の笑顔配達ユニット」
地元から熱烈な応援団も来ていました。
GWは、塩尻のチロルの森にてイベントを行います。

3組目は、「SWEET TEENS」のみなさん。
地元長野の高校の制服をプロデュースしています。
平均年齢16歳。
キャッチフレーズは、「制服プロデュースJKモデル」
それぞれに個性のある可愛い制服で、ピンクのベストに薄い紫のチェックのリボンを胸元につけた人がいて、素敵だなと思いました。
HPがあるのでチェックしてください、とのことでした。

三組が、自分たちの宣伝時間を勝ちとるため、イス取りゲームをしました。

勝者は、ビームアイドルスクールの皆さん。

先週披露したばかりのオリジナル曲「ラブ&ピース」を歌ってくれました。
これはデビュー曲です。
振り付けや、歌声が初々しくて、一生懸命練習したのだなと感じました。

西尾佳の歴史コレクションは、女性アイドルの歴史について教えてくれました。

江戸時代、茶屋の娘の「おせん」という人がいました。
その美貌から、ファンができ、錦絵のモデルになったり、彼女の姿が描かれた手拭いなどの(今でいうグッズ)が作られるほどの人気ぶり。

そして、いまの時代はAKB、KARA、少女時代がアイドルの筆頭ですが、古くは美空ひばり→山口百恵→松田聖子→スピード・・・などとアイドルの歴史は移り変わりました。

今週も勉強になりました。

ぜひ信州のアイドルの皆さんも夢を大切に大きく羽ばたいていってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

ハマってます

長野は桜が満開です。

今日は天気がよく、暑かった。6月なみの陽気だったそうです。

私の生活のなかで、一番の楽しみは、パンを買いにゆくことです。

昭和からあるレンガ造りの壁に緑色のつたが這いずったパン屋は、前回書いたかな。
フランスパンがおいしいお店。

30代になると味覚が変わるのか、以前は、菓子パンに手がいってましたが、最近は、食パン、米粉パン、ハード系のパンが好みです。

インターネットで近くのお店を調べていきます。

今日行ったお店は、ファームの区画にあるパン屋。

遠くの山が一望できる、視界の広い場所。
車から降りると、視界が一気に開け一瞬目のまえが白みました。
目を見開くと、太陽の光が飛び込んできて、目の周りの毛細血管がぷちぷちとはじける感覚に襲われました。
これは、長らく病んでいて、家の中にいることが多かったから。

店は開店間もないので、品物がのっていないプレートが目立ちました。
雑穀食パンと、普通の食パンと、米粉パンを購入。
食パンは、昨日焼いたものだと店員が言い、値引きしてくれました。
私は最初、入口にあった3斤分の食パンを買おうとしましたが、店員が「これはね、配達するの」と言われ、店員は悪いと思ったのか、会計の時にパンの耳が400グラムほど入ったものを無料サービスしてくれました。

パンの耳といっても、焼き立てなので、柔らかくそのまま食べても十分美味しかったです。

朝早く行くといいことありますね。

ここ3週間、パンのことしか考えられないくらい以前にも増してハマってます。

食パンには何もつけず、カモミールティーと一緒にいただきます。
パンの素材そのものを味わいたいから。

調べたら、私の地域に意外とたくさんあるパン屋。

週1、2回行き、残りは、サランラップで包み、ジップロックに入れて冷凍保存。

常にパンをストックしていないと、落ち着かないのです。

事前に、パン屋の場所や商品をネットで調べ、前日に遠足を控えている子どもみたいに、私は夜、布団の中で胸が高鳴り、なかなか寝付けないのです。

贅沢な不眠症でありますが。

しばらく食事がとれない病んだ状態から復活した私は、人の心の優しさに敏感になり、味覚が冴えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

一つの不安三つの良い事

昨日、お花見に行ってきました。

私の地元は、昨日で7分咲きといったところでしょうか。

実は、お花見の前、前回の記事の件で病院に行きました。

昨日の早朝、腰に張りを感じ、骨盤が微かに痛かったので、前兆かなと焦ったのです。

今まで飲み続けてきた薬は、21日間でしたが、21日間でやめることなく飲み続ければ、回復が期待できるそうです。

薬を変えずにすみました。

主治医とも、深刻な話し合いではなく、わりとサクッといけましたね。

子どもを授かるチャンスは、年齢的にあと15年くらいはあるから長い目で見たいと思います。

腹痛で苦しむことはなくなりそうですが、やはり、母は副作用を心配していますね。

まあ、とりあえず今回は様子を見てみようと思います。

医師とスムーズな話し合いにはなったけど、ちょっとの不安もあったのは事実。

その後、前々から行きたかった病院から程近いパン屋へいきました。
ネットで調べたところ、かなり厳しい対応の店主とのことでしたが、大変感じがよく、
「まだこの時間はパンが焼けてなくてすみませんね。こんなものしかありませんが」と笑顔が素敵で謙虚な従業員のお2人でした。

フランスパンと、クリームチーズ入りデニッシュなどを買いました。美味でした。

そして、花見へ。
桜は薄桃色で、きれい。
薄いグレーの雲が低く立ち込めていて、数分おきに小雨が降りましたが、まばらに人が歩いてました。
そして、2年ほど疎遠になっていた知人と再会。
あっちから私に気づいてくれました。
お互い近況報告し、5分ほど談笑。私のことを覚えていてくれるってうれしいですね。

会場には、撮影で、実際の夫婦か、モデルか判別できませんでしたが、袴姿の花婿さんと、和装の花嫁さんが、桜の木の下で写真撮影を行っていました。

オールバックで、端正な顔立ちのダンディーなカメラマン。
白い板(レフ版)を笑顔で当てる、50代くらいの女性。
それによりそう、スタッフらしきやはり笑顔の若い女性。

テレビでよく目にするカメラマンの掛け声「いいよ、いいよ、その表情」と言う声が聞こえてきました。

思わず、20メートルほど離れた場所で見守る私に、カメラマンとレフ版を持った人が、微笑んだり、会釈をしてくれました。

昨日は、ちょっと不安なこともあったけど、その後3つの良いことがあった日でした。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜は、大盛りブラザーズのコーナーにも出演していました。

大盛りブラザーズとは、長男・宮本アナ、次男・末吉くん、三男・西尾くんの番組の中での3兄弟。信州の各地へ大盛りのメニューを求めて旅をします。

今回は、3ヶ所まわりました。

3兄弟でじゃんけんをし、勝った人が、大盛りメニューを食べることができます。

2ヶ所目まで、じゃんけんに負け続け、長男、次男がおいしそうに大盛りメニューを完食するのを見守っていた西尾くん。
しっかり、食べている様子を解説していました。

そして、ついに最後のお店で見事西尾くんは、じゃんけんに勝ち大盛りメニューにたどり着くことができました!

メニューは、伊那市の「志をじ」という食堂で、1.7キロある、ソースカツ丼。
30分一本勝負でしたが、ハイペースで食べ続け、22分11秒で完食することができました!店主の奥さんも西尾くんの食べっぷりに、見惚れていて、「私がもう少し若かったらね~」と言わしめていました。
ホントに見事な食べっぷりでしたよ。
伊那は、私の地元といっていいくらいの場所。
駒ヶ根名物ですが、伊那のソースカツ丼もおいしかったでしょう。

今夜の中継先は、須坂市の遠藤酒造場からでした。

今夜は「土曜はこれダネ」が始まって400回目という記念すべき日。

遠藤酒造場も、今年は記念すべき年です。

先におなじみの西尾佳の歴史コレクションから紹介していきましょう。

遠藤酒造場の歴史です。

1864年に創業。須坂藩主に酒を献上していました。

1982年に、今の社長さんが就任しました。なので、今年で30周年。

1992年には、代表的なお酒「渓流」が誕生しました。今年で20周年。

今回は、おめでたい歴コレでした。

現在、「花もだんごも蔵開き」というイベントを開催中です。
入場は無料です。

中継冒頭では、西尾くんは社長と一緒に鏡開きをしていました。

早速、お酒を頂いてましたね。

この時期にやるのは、仕込みがひと段落するからでしょうか。

大盛りブラザーズだけではなく、今回の中継中の飲みっぷりもすごかったです。

氷高熟成酒といって、3ヶ月間、日本酒の入ったびんを雪の中に埋めます。
掘り出す作業は、西尾くんも手伝いました。
雪の下に寝かせた酒は、まろやかで、「クリアで、飲みやすい」と言ってました。

会場には、酒を竹の中に入れ、御燗にしたものもありました。
一口のみ「うまい!」と一言。

日本酒のハイボールをいただける場所もありました。
社長が作る工程を見ると、まず19度のお酒を注ぎ、氷をいれ、炭酸水を注ぎ、ライムを搾っていました。
これは、おいしそうですね。
西尾くんの「スカッと爽やか」という言葉が、おいしさを物語っていましたね。

今回は、様々の銘柄のお酒を次々と口にし、感嘆の言葉を叫ぶところが印象的でした。

中継が終わる頃には、頬や目の周りが赤くなっていて、母と一緒に「満足そうだね」と話していました。

見ていて、とっても美味しさが伝わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

新たな課題

男性も読まれているブログ、たびたび婦人科の話になって申し訳ないですが。

もう3週間くらい肉を食べていないので、このままでは、あごの力が弱ってしまうと思い、さきいかを食べています。

少しずつ口に含んで、じっくり噛んでいます。

油分がなく、硬いものといったら、さきいかをまず思いついたので(^_^;)

こんな食生活になった原因は、鎮痛剤を飲みすぎて、胃を荒らしてしまったから。

婦人科のピ○に似た成分の薬(ビホープ)を処方されて、3年。

飲み続けて、慢性になり、効かなくなってしまったのでしょうか。

毎回、2日間、激痛に耐えられる自信がありません。

その度に鎮痛剤を飲みすぎていたら、また胃が大変なことになります。

来週、婦人科へ行く予定です。

この際、高額になるかもしれませんが、ピ○を処方してもらおうかと考えています。

今日、担当の保健師さんにも相談してみました。

母と、いちおう彼氏は、反対していますが・・・。
でも、結婚する約束はしていないので。

自分が子どもを持つことが想像できませんね。

今後の人生設計の課題はたくさんあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

待ち遠しい

桜の花が咲くのが待ち遠しいです。

私の地域は、まだつぼみのまま。

開花予想日は13日でしたが、咲く気配がありません。

じっくり待ちたいと思います。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

昨夜のこれダネは、飯田市の大宮通りからの中継でした。

道路の両側に150本もの桜の木が700メートルにわたって続いています。
昨日で5分咲きくらい。
濃いピンク色できれいでした。

種類はエドヒガン、ソメイヨシノなど。

12日に開花し、一気に咲き出しました。

桜守の方に話を聞いたところ、開花が遅れた原因は、寒さが続いたこと。
今年は三寒四温ではなく、五寒二温だった。
15度以上の日が3日以上続くと桜が咲くそうです。

夜になって、暗くなってきて、通りにぼんぼりが灯り、桜の花が照らされて、美しかったです。

桜のトンネルとも呼ばれていて、車で通過しながら、花を見ることもできます。

地元の人によると「毎年桜を楽しみにしていて、この時期はよく写生大会が行われる」とのことでした。

西尾佳の歴史コレクションでは、並木通りの歴史について教えてくれました。

1947年に大火が起こり、防火道路としてできた。

札幌市をモデルに桜並木を作ったそうです。

逆に札幌市は、飯田市のりんご並木を参考に市街地に作ったそうです。

間違っている部分があったら、すいません。

今回も勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

薬の減量の悪影響

節食しているのにともない以前より薬の量を減らしています。

腹八分目以下の状態で、薬をとりすぎるのは良くないと思ったからです。

もう2週間くらい全く飲まなかったり、減量しています。

薬は5種類から3種類にしていて、量自体も以前の三分の一。

その結果、唾液が異常に増え、消化液も増えて、胃がぴちゃぴちゃしています。

少ない量の睡眠薬だと眠りが浅く、毎晩のように嫌な夢、怖い夢を見ています。

母から、毎晩、うなされる声が聞こえて可哀想だ、と言われました。

昼間も、頭が重く、地に足がついていない感じです。

周囲から、将来子供を産むためにも、いま薬を減らすチャンスだと言われていますが、やっぱり無理ですね。

私が平穏な状態を保つには、やっぱり薬を飲むことが必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

ようやく回復

胃腸の調子は良くなってきました。

きっかけは、婦人科の病気からくるお腹の痛み。

激しい痛みに襲われることは、記憶によると、1年ほどなく、先月はめずらしく痛みが襲ってきました。

お腹の痛みで目が覚め、様子を見ていたが、治まらず、市販の鎮痛剤を飲んだ。
病院に行き、そこでも鎮痛剤を出してもらったが、飲んでも効かず、さらに市販の鎮痛剤を飲み足しました。医者に電話をし、痛みが治まらないようだったら、また明日病院へきてください、と言われ、しばらくして痛みが治まった。

鎮痛剤を飲んで紛らわせていたが、丸2日痛みは続きました。

痛みは治まったが、入れ替わるように薬を飲み続けた影響か、胃腸が弱り、食べ物を受けつけなくなりました。

4日間、ポカリスエットで水分補給。ほとんど寝ていました。

火曜日くらいから固形物(普通のごはん)を食べられるようになりました。

今日は久々に外出。

寒い日が続いていて、歩く人も冬のような服装をしています。
4月にダウンジャケットを着ている人を、自分が小さい頃は見たことがないな。

ファッション雑誌は、春色の薄手の服が載っていますが、まだ早く、2カ月前のコーディネートがいまは合っているくらいですね。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

昨夜のこれダネは、天龍村の松島桜公園からの中継でした。

この公園は、1952年に発電所ができたとき、記念して作られました。

信州にあるもっとも南にある村。

長野市のNBSのスタジオから3時間かかったそうです。

毎年3月下旬に開花するそうですが、今年は遅れていて、4月6日に開花しました。

昨夜は、一分咲きでした。

西尾くんが専門家に聞いたところ、気温が13度以上の日が続かないと開花しないそうです。

カメラの前には、村民が多く集まり、お重を囲んで花見をしていました。

お重の中身を西尾くんが頂きました。
村につたわる料理で黒砂糖で大豆をあえたものだそうです。

みなさん、お酒で顔を赤くしていました。

西尾佳の歴史コレクションでは、天龍村の歴史について教えてくれました。

信州に春を告げる村。
信州で一番早く桜が咲くということもあるのでしょうか。

近くを流れる天竜川から、村の名前「竜」をいただいたそうです。
昔は、「天龍川」と呼ばれていたので、りゅうの字が「天竜川」に変わっても、龍の字を引き継ぎました。

2000年9月には、ドラゴンサミットが行われ、全国から名前に龍のつく市町村が集まりました。

今週も勉強になりました。

もう一週間ほど桜を楽しめるそうです。

先週のこれダネ中継中に、屋代線の電車が入線して、鉄道ファンではない私も感慨深く見ていました。

90年間、屋代線は地域の人々に支えられて、愛されてきた様子がよくわかりました。

駅の官舎に住み続けて、駅員を勤められた方、何十年も駅の清掃を続けてきた近所のご婦人、屋代線の新聞を発行し続けた地元の中学生・・・。

歴コレでは、屋代線の歴史について教えてくれました。

大正時代に開通。

昔は、大阪に直通のりんご専用列車も走っていたのですね。

昭和30年、40年代には、一年の利用者数が300万人いたそうです。

前回も勉強になりました。

鉄道ファンの西尾くん、屋代線の密着取材をしていました。
ご苦労さまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

寝込む

木曜日から、胃腸の調子が悪く、昨日までは食事もとれず水分補給をしていましたが、今日からおかゆも食べられるようになりました。

一日の多くは横になっています。

顔色も良くなり、起きていられる時間も長くなりました。

一年のうち、一回くらいは、胃腸の調子で一週間ほど寝込むことがあります。

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。

西尾佳アナ情報は、後日書きますね。

金曜日のスーパーニュースと昨夜の土曜はこれダネもしっかり見ました。

昨日は、屋代線の取材を朝早くからしていたそうでご苦労さまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »