« いつかの夢 | トップページ | 今月のうた »

2012年5月24日 (木)

珠玉の言葉

このブログは、友人・知人への近況報告も兼ねた役割をはたしています。

それでも、個人的にメールを送って、ブログには書けない私事のメールをお送りしようと思っています。

それで、先日、年賀状メール以来、ご無沙汰してしまった年上の友人に、ようやく近況報告ができました。

体調の経過を包み隠さず書きました。

すると、次のようなお返事が。

一部を抜粋し、ブログ用に言葉を直して掲載します。

「誰だって、いいときもあれば、悪いときもある。
仕方ない。いろんな自分がいて、それでいいと、不調のときの私は、そのまま受け入れています。

じっとしててもいいから、落ち込んでいてもいいから、けれどもなお、心の向きだけは前を向こうと思うのです。
心の中では顔を上げていよう、笑っていようと決めているのですね。

長い目で見れば、そういう心が人生をつくっていく。
だから、その心だけは、絶対に手放さない。負けない」

7年来のお付き合いの出版社の編集者さんのお言葉です。

この言葉を受けて、「身体は横になっていたとしても、心は前を向いていこう」と心がけています。

そうだ!今までの私もそうだった。

苦境を乗り越えれば、たくましい心になった自分と出会える。

そう信じて過ごしてゆこうと思います。

|

« いつかの夢 | トップページ | 今月のうた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珠玉の言葉:

« いつかの夢 | トップページ | 今月のうた »