« 珠玉の言葉 | トップページ | 元気 »

2012年5月27日 (日)

今月のうた

今月も残りわずかとなってしまいましたが、
5月をテーマにした自作の歌を紹介します。

「緑でも 何種類もの 色がある キルトのような 山の表面」

私の自宅は盆地にあり、四方は山です。
新緑に色づいた山。
ところどころ色が違います。
黄緑、濃い緑、淡い緑、暗い緑、黄色にちかい緑の部分が、遠くから見ると、キルトに見えます。

「ニジマスの 塩焼きに合う 山椒と やっと気づいた 三十路をすぎて」

この時期の川魚といえば、ニジマス。

今日は午前11時半から午後3時くらいまで、私の家がある高台の下に流れる用水路で、マスつり大会、マスつかみ取り大会が行われました。
見た限り50人はとうに超える家族連れで賑わい、子どもの甲高い声が印象的でした。

ニジマスの塩焼きに当たり前のように添えられている山椒。
この歳になって、相性の良さを感じます。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

昨夜のこれダネは、中野市の池田果樹園からの中継でした。

一昨日から、さくらんぼ狩りが始まりました。

出荷は、3月からしているが、さくらんぼ狩りは、5月から。

西尾くんが経営者に「今年は、寒い時期が続きましたが、育ち具合はどうでしたか?」というような質問をし、「人工授粉と蜜蜂を入れたら、実がつき、天候にも恵まれて、糖度の高いさくらんぼが育ちました」と語っていました。

主に佐藤錦という品種が多くあります。

この果樹園で栽培されている、さくらんぼの種類を紹介してくれました。

「 」の部分は、西尾くんがそれぞれ味見した感想。

○佐藤錦

さくらんぼの王様。甘みと酸味がある。
採るときは、色で選ぶとよい。赤黒いものを選ぶと良い。

「果肉がぷりぷりしている」

○紅秀峰

実が硬め。日持ちする。甘みが強い。

○香夏錦

果肉が柔らかめ。控え目な甘さ。優しい酸味。

「ほのかな酸味がたまらない」

○高砂

小粒で、実が柔らかい。

「ジュワ~っと果汁が広がる」

中野市内にある武六園の方も来ていました。

さくらんぼの加工品を販売しています。

さくらんぼジャムは、ヨーグルトに混ぜたり、バニラアイスにかけるとおいしいそうです。西尾くんがヨーグルトを試食していました。

「甘酸っぱい。初恋の味」といい、相手の方に「初恋はいつですか?」と質問していました。

西尾佳の歴史コレクションでは、日本のさくらんぼの歴史について教えてくれました。

明治以前は、日本ではさくらんぼは、馴染みがなかった。
アメリカから高砂が入り、日本でも、さくらんぼ栽培が盛んになった。

大正時代、佐藤錦が入り、今では日本のさくらんぼ農園の品種の三分の二がこの種類だそう。

佐藤錦と高砂を交配して、香夏錦ができましたとのこと・・・。

中継中、地元の子どもたち5人が、さくらんぼ狩りをしていました。

10分ほどでお腹いっぱいになり、多い子で30個食べ、みんな20個くらい食べたそうです。

「とても美味しかった」「うまかった」と感想を述べてました。

中野市には、25ヶ所のさくらんぼ農園があります。

6月23日・24日とJA主催で「さくらんぼ祭り」が行われます。

私は、さくらんぼ狩りに隣の山梨県に2、3度行ったことがあります。
距離的に、中野市に行くより、山梨のほうが近いのです。
でも、やっぱり同じ信州のさくらんぼも美味しそうですね。

さくらんぼの美味しさがとてもよく伝わってきました。

|

« 珠玉の言葉 | トップページ | 元気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月のうた:

« 珠玉の言葉 | トップページ | 元気 »