« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月25日 (月)

女子会

3月に友人が結婚したので、送別会を昨日やりました。

結婚式は、親戚だけでやったそうです。

共通の友人らが企画して送別会を開くことに。

女性だけの集まりだったので、女子会も兼ねてやりました。

場所はイタリアンレストラン。

いく種類ものピザやパスタをみんなで分けて食べ、スープ、サラダがつき、ドリンク飲み放題でした。

ケーキは、ひとり3種類まで選べ、自分のケーキをみんなに味見させたりしました。

私自身、女子会に参加するのは、久々。

当日の体調が気になりましたが、無事に参加できて良かったです。

友人になれそめを聞くと、父親の会社の同僚から紹介された男性とまずは、お互いの写真を交換して、すぐに会い、早い時期に結婚を決めたそうです。

「あんまりカッコよくて、頭のいい人だと疲れるので、一緒にいて自然体でいられる旦那さんに決めた」と話しました。

みんなで「それがいいよね~」と大合唱。

うちと同じひとり娘なので、次男である旦那さんが婿養子に入ってくれたそうです。

みんなの理想の旦那さんを聞くと、「今は草食系が多いが、浮気をしないで、ちゃんと家にお金を入れてくれれば、私はいいかな~」という人が多かったです。

結婚ってそういうものなのね。

帰り、友人が運転する車中、「私は婦人科の病気を持っているから、恋愛はできても結婚は難しいかな。よっぽど理解のある人じゃないとダメだね」と言いました。

これが、今の私の本音かも。

友人は、「病気があっても、結婚できた人はいるよ」とフォローしてくれましたが。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

6月23日のこれダネは、飯田高校の文化祭「高松祭」からの中継でした。

大勢の生徒がカメラの前に集まって、西尾くんがスタジオの声が聞こえない、と言うほど盛り上がってました。

私たちの頃は、7月が文化祭でしたが、今は早くやるところがあるのですね。

西尾くんは、ラグビー班のたくましい男の子たちに担がれてました。

生徒の投票によって決まる、様々なコンテストが行われたようです。

ミスター飯田高校には、軽音もバスケもできる素敵な男の子が、ミス飯田高校には、小柄で可愛らしい女の子(実行委員いわく、なにをやっても可愛い子だそう)、BESTカップルには、昨年の文化祭のイベントで知り合った仲良しカップルが選ばれました。
お互いの好きなところは、彼の笑顔が好きで、彼女の全てが好きだそうです。

守られたい男子には、ラグビー班のたくましい肉体の男の子が選ばれ、人気の先生には、社会科の若い男の先生が選ばれました。
3年連続で選ばれたとのこと。
勝因はと聞くと、「生徒にお菓子をばらまいたのが良かったんじゃないでしょうかね」と言ってましたが、生徒は、先生の優しくて、生徒を大切にするところがいいと話していました。

文化祭は、部活動の日頃の成果の発表や、クラス発表があります。

空手班は、部員全員で形を見せてくれ、一般参加も出来るというので、なにができるのかと思ったら、板割りでした。
部員が握りこぶしで見事に割ると、西尾くんも挑戦することになり、2回目で割れました!すごい!1回目、割れなかったとき、痛そうだったなあ。大丈夫ですか?
割れた人には、ジュースを1本差し上げます。
西尾くんもおいしそうにいただいてました。

おとといと昨日で、40の発表があったそうです。

もっとも盛り上がるのは、文系と理系で挑戦するクイズ大会。
難問が出題されました。

科学班は、お客さんの前でショーをやります。

生徒の絵画や版画の展示も行われました。

中継後半では、書道班による、書道パフォーマンスが行われました。

大きな模造紙に力強い字で「笑顔」と赤く書かれました。

身体全体を大きくつかい、書いている姿もカッコよかったです。

西尾佳の歴史コレクションでは、飯田高校ラグビー班の歴史について教えてくれました。

1949年創部。信州初のラグビー部。

1978年、やまびこ国体で会場になった。

昨年、全国大会に出場しました。

今回も元気をありがとうございました。

特に、板が割れたところに、大興奮しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

素直な気持ちをうたに

持病のほうで、また災難があって、途中まで記事を書いたものの読んだ人が痛々しい気分になると困るので、無難に(苦笑)自作の歌でも紹介したいと思います。

ちなみに私の住む町の広報紙に連載している作品です。

6月号から。

「両翼に 乗った梅雨雲 重たそう ツバメぐずぐず 低空飛行」

これは完全にイメージで作りました。

先週、よく行くスーパーのひさしの下の壁の部分にツバメの巣がありました。
ひな達が口を思いっきりあけて、親鳥のエサを求めていました。
飛ぶ練習をしている雛もいて、微笑ましかったです。

「母の日に 古希を迎えた うちの母 痩せた背中を 直視できない」

うちの母の誕生日は、5月10日。
今年は、母の日と重なりませんでしたが。
持病がある私を女手一つで支えてくれている母。
ここ数年で5キロほど痩せました。
心配をかけてしまって申し訳ない気持ちを歌にしました。

母はおかげさまで元気にしています。今晩は同窓会へと出かけていきました。

夕飯は、私ひとりで淋しく食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

バラクラフラワーショー

毎週恒例となっている、情報をまずはお届けしたいと思います。

近況報告はまた後日書きます。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、蓼科高原のバラクライングリッシュガーデンからの中継でした。

今月24日まで、「バラクラフラワーショー」が行われています。

期間中は、英国園芸が学べる講座を毎日開催しています。
主に、寄せ植えのしかたなど。

イギリス料理も味わえますよ。

1万平方メートルの敷地内に、5000種類の植物があります。

オーナーであるケイ山田さんによると、このイベントは今年で22回を迎える。
今がいい時期です、とのこと。

オーナーは、英国園芸研究家、ガーデン&ファッションデザイナーとして世界的に活躍されています。数々の賞を受賞されています。

エリザベス女王とも、お会いしたことが何度かあるそうです。

ケイ山田さんが、作られた寄せ植えが登場しました。

濃いピンク、オレンジ、赤、紫などの花の寄せ植え。

「それぞれの色を主張しすぎず、調和のとれた作品です」と話していました。

寄せ植えの良さは、土のない場所でも、コンテナを置いて楽しめる。なので、マンションに住んでいる方も楽しめます。

中継には、従業員のイギリス人7名の方も登場しました。

「 」内は、西尾くんが料理を食べた感想です。

アンディーさんは、フィッシュ&チップスの英国ナンバー1のチャンピオン。

作りたてのフィッシュ&チップスが登場しました。

「デリシャス!チャンピオン」と西尾くんが言うと、うれしそうにしていました。
続いて、2口、3口と。お墨付きの美味しさですね。

アンディーさんのお隣の方は、1865年からイギリスで食べられている「ボッサム」という焼き菓子を手に。
味は「ジンジャーのきいたパウンドケーキ」と表現していました。

ギャリンさんは、イギリス料理を作られてます。
ラム肉とポテトと玉ねぎのスープが登場。
豪快にラム肉をほおばると、「ラム肉が柔らかい。デリシャス!(口にいっぱいで)しばらくしゃべれません」
羨ましい~。

ギャリンさんによると、「蓼科は山とガーデンがきれい。天気が変わりやすいところがイギリスと似ている」と上手な日本語で話していました。

マッケンジーさんは、バグパイプ(?)という楽器を演奏してくれました。

個性的なメンバーで、皆さんとても楽しそうにしているのが印象的でした。
私も行きたい。

西尾佳の歴史コレクションでは、ロンドンの歴史について紹介してくれました。

第一回万博が開催されました。

1863年、世界初の地下鉄があった。その頃、日本は江戸時代。

今年、オリンピックが開催されますが、ロンドンで開催されるのは、これで3回目だそうです。

雨が落ち着かない中、今週も元気な中継をありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

頭上注意・足元注意

頭上注意、足元注意とは。

私の家の近辺に毎年ヘビが出ます。

おもにシマヘビ、アオダイショウです。

5年前くらいかな。庭に「えっ、なんでこんなところにニシキヘビがいるの」と思うほど立派なヘビがいました。

普通のヘビを超越して、観賞用のヘビがどこかの家から逃げ出して、うちに来たのかと思いました。

体長2メートル、太さは節分に食べる恵方巻くらい。

正体は、大き目のアオダイショウ。

これが、今までで見た最長、最大のヘビです。

今年は、5月くらいから見るようになったかな。

見る頻度は、一日1回のときもあれば、2ヶ月見ないときもあります。

夜、外に出るときは、懐中電灯で足元を照らします。

緑の葉が生い茂った木の下を歩く時には、頭上を注意しなくてはなりません。

枝を伝ったヘビくんが、バサリと落ちてくる可能性もあるからです。

でも、ヘビくんは、「家の守り神」だと母は言います。

庭に出ても、追い払ってはいけないそうです。

守り神なんていわれると、“へビ様”ですね。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

6月9日のこれダネは、中野市の一本木公園から、中野バラまつりの様子を中継しました。

850種2500株のバラが咲いています。今が見ごろ。

西尾くんは、バラには紅茶が似合うといっていて、カップを片手に登場するなり、紅茶を飲んで「ブラボー」と言っていました。

白にふちがピンクのバラや、黄色、赤、白、濃いピンク、薄いピンクなどたくさんの色のバラが咲き誇っていました。

長さ50メートルにわたって、ピンクのバラが滝のようになって咲いている場所もありました。見事!

バラの種類をいくつか中継では紹介しました。

「LOVE」濃いピンク、「ゴールドハニー」黄色、「ピエールドサンロール」白のふちがピンク、「カザンリク」コスモスに似た色。

実行委員の方によると、咲き具合は、早咲きが遅れ、遅咲きがちょうどよくて、全部のバラが見ごろだそうです。

今年は、香りがテーマ。

16日と、17日には、香水づくりも体験できます。

西尾くんも香水づくりに挑戦していました。

8種類のエッセンスを調合し、それにバラのエッセンスをスポイトで10滴加えると、香水の完成です。

さっそく、出来立ての香水を両手首にスプレーし、「これは、人をひきつける香り。人生バラ色になります」と言っていました。

管理をしている人に話を聞きました。

一般の人、土日は高校生ボランティアも参加します。
大勢いました。

苦労な点は、トゲがあるのと、地道な作業だということ。

見た目さわやかな男子高校生に話を聞くと、「(バラに触れていると)心が穏やかになる」と話していました。

すかさず西尾くん「バラが好きだと、モテるよ」と言っていました。

バラを使った食品もありました。

「 」内は、西尾くんの味の感想。

バラのシュークリーム
「クリームの甘味の前にバラの香りがきます」

バラの純米酒
「先にバラの香りが立ちますね。フルーティー、止まりません」と二口飲んでいました。

西尾佳の歴史コレクションでは、バラの歴史について教えてくれました。

7000万年前、恐竜がいたころには、バラが存在した。
恐竜とバラのコラボレーションですね。

一般人のバラの栽培は禁止されていた。

18世紀、東洋のバラと西洋のバラをかけ合わせて「モダンローズ」ができた。

とのことでした。

そんなに大昔からバラが存在したとは驚きです。

今回も勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

レヴールの香りがする香水

なにかいい香りをかぐと、気持ちが落ち着いてきますよね。

私の気分転換は、その日の気分によってシャンプーを変えること。

試供品のシャンプーやコンディショナーをもらい、使い分けています。

いまの一番のお気に入りは、レヴールのモイスト&グロスの香りです。

レヴールシリーズのなかでも、紫のボトルのものです。

香水に近い香りで、キツイと感じる人もいるかもしれませんが、初めてつかった時、この世にこんな素晴らしい香りがあったんだ、と感動しました。

それで、長くその香りを持続させたいので、レヴールのモイスト&グロスの香りに近い香水を探しています。

真剣に探しています。

誰か、レヴールのモイスト&グロスそのままの香水を開発してください!とも強く願います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

元気

この3日間、調子が良く元気です。

私が、自分が元気だと思う基準は、普段より、よく動けて、笑いが増えること。

この元気がこのまま永遠に続いて、健やかな心身になりたいです。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、松本市のやまびこドームからの中継でした。

明日まで、毎年恒例の「信州夢街道フェスタ」が開催されています。

ドーム内、ドーム周辺で、主に県内、県外、海外の名産品が売られているブースが100店舗あります。

ドームの周りは広い芝生です。

芝生の上に正座をした西尾くんが登場しました。

こういう登場の仕方もいいですね。

全国各地からミスのみなさんが集まっていました。

それぞれ手にご当地の名産品を持って勢ぞろい。

「 」内は、西尾くんが味見したコメントです。

ミス松本のお2人は、おやきと山賊焼きバーガーをそれぞれ持っていました。

おやきの生地は、そば粉でできていて、具は野沢菜です。
がぶりといって「生地モチモチたまりませんな~」だって。

山賊焼きは、松本市の名物。
鶏の一枚肉をしょうゆとニンニクで味付けをして、揚げたもの。
それをはさんだものが、山賊焼きバーガーです。
今ブレイク中の芸人スギちゃんを真似て、ワイルドに行くぜ~と言って、かぶりつき「ワイルドな山賊焼きだぜ~」と言ってました。

喉が渇いたといって、お隣の御前崎市キャンペーンレディが持つ、静岡のお茶を飲んでました。それは、御前崎のお茶で、ただいま200グラムで通常1000円のところ、400グラムで1000円だそうです。これは、お買い得!

もう一人の御前崎市キャンペーンレディは、御前崎のお刺身わかめを手にしていました。「歯ごたえバツグン!」続いて、「これは主役級のわかめ」と表現していました。

南知多マリンメイクの方は、しらすぼしと、うめ、わかめが入ったちりめんじゃこを手に。しらすぼしを食べ思わず「ごはん1杯」
確かに、ごはんがすすみそうですね。

相模原市観光親善大使は、横浜中華街のシューマイを手に。
西尾くんのために、食べやすく、シューマイを切り分けてありました。気が利きますね。この気配りに感激し「肉汁たっぷり、愛情たっぷり」と感謝していました。

さくらキャンペーン大使は・・・すいません、何を手にしていたか、忘れました(^_^;
茶色いお菓子、かりんとう(?)らしきものを、いただいてました。
私も相模原市観光親善大使の方の気配りに感心して、思わず忘れてしまいました。
でも、明日、会場に行けば、店頭に並んでますよね。

西尾佳の歴史コレクションでは、ミスコンテストの歴史について教えてくれました。

1951年、イギリスでミス・ワールドが開催されるようになりました。
61回行われてますが、日本の優勝者は、まだ出ていないそうです。

1952年、ミス・ユニバースが、開催されるようになりました。
日本の優勝者は、今までに2人います。

1996年には、男性のミスコンが始まりました。
ミスターワールドというコンテストで、一回目はトルコで行われました。

今週も勉強になりました!
ミスターワールドは、初耳で驚きました。

グルメを口にした後の、西尾くんのコメントをこれからも注目していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »