« 113番に救われた | トップページ | 脳みそひねって »

2012年8月30日 (木)

PMSの治療

このブログは、男性も読んでいます。

なので、私の婦人科の病気の経過を書いていいものか、迷いましたが、今の私の病気の現状を知っていただくため、あえて書くことにします。

以前にもブログで触れましたが、3年前に月経前症候群(PMS)と診断されました。

月経の始まる2週間前から、気分の浮き沈みがあり、前日には失神するほどの痛みに襲われました。

7月の中旬から、主治医に相談し、6ヵ月間、毎日欠かさずピルを飲み続けることで、月経を止めています。

(私は、ビホープAという中用量ピルを飲んでいます)。

治療を開始して一ヵ月半が経ちますが、気分の浮き沈みがなく、雑念も浮かぶことなく、落ち着いた精神状態になりました。

以前より、快適な毎日を過ごせています。

副作用は、今のところありません。

そもそも痛みが生じる原因は、カイロプラクティックの資格を持つ友人に触診してもらって、判明した骨盤のゆがみによるものかもしれません。

ピルを飲み続けるのは、応急処置であり、根本的な解決にはならないのかもしれませんが、友人や主治医と今後について相談し、賢明に治療を続けてゆきたいと思います。

追伸 私が8年通う心療内科では、7年前に「抑うつ神経症」と診断されました。
今の病名は不明です。
私の場合、ピルの他にも、抗うつ剤、精神安定剤、睡眠導入剤をあわせて飲んでいます。

|

« 113番に救われた | トップページ | 脳みそひねって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PMSの治療:

« 113番に救われた | トップページ | 脳みそひねって »