« パソコン不精 | トップページ | 進まない衣替え »

2012年9月29日 (土)

10月の歌

あさっては、もう10月。

気が早いですが、広報紙10月号に掲載された歌を紹介します。

「『ふれあい』で 買った財布は 手芸品

使うの惜しく デスクに飾る」

「ふれあい」とは、私の住む町の社会福祉協議会のお祭り。
女性ボランティア団体が販売する、アップリケでがま口の財布を買いました。
主婦の手作りです。
あまりにも可愛すぎて、使うのがもったいなく、部屋に飾っています。

「幼き日 イナゴをとった あの田んぼ

今はモダンな アパートが建つ」

私の地元では、珍味として、イナゴを佃煮にして食べます。

要するに、昔から、たんぱく源として、昆虫(蜂、蜂の子など)を食べるのです。

昔、稲刈り後の田んぼで、私もイナゴをとりましたが、いまは田んぼは少なくなり、スーパーやアパートが建設され、時間の経過を感じます。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、松川町の梨農園からの中継でした。

今週から南水の収穫が始まりました。

南水は、南信州で人気で甘くて日持ちがよいそうです。

この農園は、4000平方メートルの広さで、年間の収穫量はなんと4トン!です。

園主によると、「今年は猛暑が続き、糖度が14度以上の梨ができた」そうです。

西尾くんは、大きな南水をひとつもぎ、がぶり。

「すんごく甘い。果汁が多い」と二口めにいきました。

この農園では、このほかにも様々な種類の梨が栽培されています。

「幸水」は、一番早くとれる品種で、9月上旬から収穫が始まります。

「二十世紀」は、同じ時期で、日本で一番早く栽培されました。
100年の歴史があります。

西尾くんは、これを頂きました。

「甘さ控え目。さっぱり、爽やか」

園主によると、「ジューシーで日持ちがよく、栽培もラク」だそうです。

「豊水」は、やはり栽培がラクで、たくさんとれて、たくさん果汁があります。

味見した感想は、「ちょっと酸味がある」とのこと。

「あきづき」は、9月中旬からとれ、糖度が高いです。

「南水」「日の出」は、10月からとれ、年末年始の贈答用にもなるそうです。
10月の中旬までとれます。

ナシジュースもあり、味は「梨のうまみそのもの」と話していました。

西尾佳の歴史コレクションでは、南水の歴史について教えてくれました。

1990年に品種登録。
20年間研究されて、やっとできたもので、長野で開発されました。

「南水」は、「天竜」、「竜水」といって他にも名前の候補がありました。

「南水」は、南信濃の自然、南アルプスの清涼さをイメージしたそうです。

今回も勉強になりました。

園主も心配されてましたが、明日以降、台風の被害がでないように私も祈ってます。

|

« パソコン不精 | トップページ | 進まない衣替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月の歌:

« パソコン不精 | トップページ | 進まない衣替え »