« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月15日 (月)

平凡が幸せ

最近は、20代前半のような欲望はなく、毎日を平凡に生きられていることに感謝しています。

平凡なりきに、出来事はあるのですが、時の流れに身をゆだねて生活しています。

29歳の焦りはなくなり、30代になってから開き直った感じがあります。

外出先で、私と同い年くらいの女性が3人の子どもを連れて歩いていました。

一方の私は、お気に入りのバッグを持ち、ドルマンセーターにクロップドパンツという自由な服装。

世間一般にいう女性の幸せは、3人の子どもを連れて歩く女性だと思います。

私は私でまあいいや。

その時、その時で、納得のいく選択とまではいかなくても、折り合いをつけて生きてきました。

土曜日、高校の同級生に数年ぶりに電話をしました。

結婚にこだわっていないようです。

人それぞれ、幸せの形はあっていい、と話しをしたところです。

昨日は、彼氏から男友達というスタンスになった友達に、2ヶ月ぶりに会い、手作りの料理を食べました。

末永く平凡に生きられることを願う日々です。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

10月13日のこれダネは、長野市の清泉女学院大学・短大の文化祭「長野清泉祭」からの中継でした。

サークル活動の発表や、飲食店が出店され、大盛況だったようです。

中継内では、幼児教育科の1年B組の皆さんが、マルモリダンスを披露してくれました。

演劇サークルは、日曜日に幼稚園児の皆さんを迎えて、動物の服装をして劇を披露しました。

カメラの前には、元気な生徒の皆さん。

思わず、自分は、女子大生はどんな服装をしているんだろうと、興味深くチェック。

ショートパンツや、スカートに黒いタイツを合わせている子が多くて、いいなあ、と思いました。

自分もファッションの参考にします。

今どきは、メイド喫茶があるのですね。

可愛らしいメイドさんに扮した生徒さんが、西尾くんにコーヒーを出してくれました。

コーヒーをさらにおいしくする呪文があります、といい、

コーヒーに向かって「おいしくな~れ~、おいしくな~れ~、萌え萌え、びびびびび」と唱えると西尾くんは、コーヒーの2口めにいきました。

ミス清泉の方は、謙虚なところが印象的でした。

「友人からの推薦があり、友人に感謝している。
ここに私がいることがミスじゃないか」とのこと。

そんな性格もかわいいところが、同性に指示される魅力だと思います。

保育士になるのが夢だそうです。頑張ってください。

西尾佳の歴史コレクションでは、女子大の歴史について教えてくれました。

江戸時代、女子限定の寺子屋があった。
教科書は、百人一首。

日本初の女子大は、お茶の水女子大学。

1948年、4月20日に日本女子大学ができ、同日は、女子大学の日なんだそうです。

今回も貴重な情報をありがとうございました。

月曜スペシャルも見ました。

ミス松本おすすめのクリームたっぷりの牛乳パンおいしそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

進まない衣替え

10月に入っても、日中は暑い日が続いています。

そろそろ、衣替えをしなくてはと思いつつも、タンスの中は、夏物と冬物が同居した状態。

いらない服の整理をしました。

20代前半の服とは、お別れ。

30代に相応しい服をと思い、お店に足を運んで試着しても、ぶかぶか。
私には、大きい。

私はもともと太りにくい体質なのですが、病気の治療のせいもあるのでしょうか。

トップスは、日本のブランド、ユニクロ、アースミュージック&エコロジー、リオグループなどは、Mサイズでも着られます。

しかし、最近のトレンドのイーハイフンとか、ZOZOTOWNに入っているブランドは、フリーサイズがあり、多分、自分にはサイズが合わないと思います。

ネットで、サイズを見ても細いサイズが少なく、残念。

ボトムスは、子供服でもいいかとあきらめています。

痩せすぎていると、ファッションを楽しめないのかな。

細いモデルなんかは、どう対処しているんだろう。

私と似た体型のモデルさんに、服を譲っていただきたい心境です。。。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

10月6日のこれダネは、南箕輪村の大芝高原で行われているイルミネーションフェスタからの中継でした。

この場所は自分も行ったことがありますが
高原内全体が、夜になると、LEDで彩られ、おとぎの国へ足を踏み入れたのではないかという感覚になります。

4万平方メートルの広い敷地内に、40万球330点の作品があります。

県内のイルミフェスの中でも、大きい規模ではないでしょうか。

今年で7回目を迎えます。

1回目は、1万人の見物者数だったのですが、今年は14万人が訪れるのではないかと見込まれています。

なぜこの時期に行われるのかというと、8月、9月は、虫が多い。

11月、12月は寒いからという、主催者側の配慮があるようです。

湖もあって、水面に彩りがうつっています。

イルカショーをイメージしたもの、となりのトトロのネコバス(実際にバスの中に入ることができる)、ジェット機が離陸している様子、ヘリコプターなど、文章では説明しきれない、すばらしい作品がたくさんあります。

10月27日まで開催されているので、ぜひ足を運んでいただきたいです。

カメラの前には見物客、主催者、南箕輪村のマスコットキャラクターの「まっくん」が登場しました。

初日ということもあり、大賑わい。

主催者は、広いので、ゆっくりと散歩しながら楽しんでほしい、と話していました。

西尾佳の歴史コレクションは、「まっくん」の歴史について教えてくれました。

西尾くんの「皆さん歴コレ知ってますか?」の呼びかけに、見物客の皆さんは「知っている」と反応していましたね。

もう長野県民だったら、知っているかな?

まっくんは、1994年、大芝高原のイメージキャラクターになりました。
松ぼっくりの妖精です。(松ぼっくりをイメージしています)。

2011年、全国ゆるキャラグランプリで、最下位になってしまいました。
残念なことですが、別の意味で有名になりました。

(私は、身近で可愛いキャラクターだと思ってますよ。。。)

EXILEのMAKIDAIさんから、ダンスを教わったそうです。

番組内で、西尾くんも参加して、踊りを披露してくれました。

あの有名な一列に並び回るダンス(?)です。

今回も楽しい歴史をお届けしてくださり、ありがとうございました。

まっくん、私は応援しているので、これからも頑張ってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »