« これから雪かき | トップページ | 日頃からの心がけ »

2013年1月20日 (日)

肩こり解消に

最近の日課は、肩こり解消を願って始めた1日30分の入浴。

40度のお湯に首まで30分間つかります。

半身浴ではなく肩こりには、首までしっかりつかるのがいいそうです。

ただ、つかっているだけでは退屈なので文庫本を読んでいます。

私のおすすめは、江國香織の「泳ぐのに、安全でも適切でもありません 」、角田光代の「だれかのいとしいひと」、辻仁成の「目下の恋人」、山田詠美の「風味絶佳」などです。

どれもちょっと前の短編恋愛小説集。

新刊はさすがにぬれてしまいもったいないので、105円でブックオフで買ったもの。

来月31歳を迎える私。年のせいでしょうか。どれも若い子の恋愛のお話しが多いかなと思いました。

江國さんが一番いいですね。

入浴剤は、毎回、バブのラベンダーの香り。

おかげで肩こりが和らいだ気がします。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

昨夜のこれダネは、長野市の西宮神社からの中継。

初えびす祭開催中でした。 今年一年の商売繁盛を祈願する催しです。

「お種銭の貸し出し」というものがあります。 えびす様の魂が入った100円玉を借りると商売が繁盛するそうです。

そのお礼として翌年には、2倍(200円)にして返すのです。

主によると、大変に儲かった人がいて、200円どころかすごい金額でお返しする人もいるようです。

西尾くんも100円を借り、視聴者のご繁栄、先輩アナ宮本さんのツイッターのフォロワーが倍に増えるよう祈っていました。

毎年、1月19日・20日に行われます。 西尾佳の歴史コレクションでは、初えびすの歴史について紹介してくれました。

江戸時代中期、兵庫の西宮市のえびす様を分霊しました。

明治時代、長野市には商売人が多く、初えびすにも大勢の商人が集まったといわれます。

1月に行われる初えびすは、商売繁盛を「祈願」する行事。

11月に行われるえびす講(花火大会)は、一年の商売繁盛を「感謝」する行事です。

そういうことだったのか。

今回も大変に勉強になりました!

|

« これから雪かき | トップページ | 日頃からの心がけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129130/56584999

この記事へのトラックバック一覧です: 肩こり解消に:

« これから雪かき | トップページ | 日頃からの心がけ »