2007年12月12日 (水)

石油給湯機から煙

風呂に入ろうとしてお湯を入れていたら、なんだか外からきな臭いにおいがしてきたので、みると石油給湯機から煙がでていました。

すぐに使用を停止し、水道屋に電話すると、メーカーと機種を確認してくださいと言われた。

メーカーはノーリツ。機種はOQB-302

(この機種を使ってる方、気をつけてください)。

明日来てくれるという。

様子を見て、修理して使い続けるか、新しいのを購入するか判断してくれるそうだ。

99年製だといったら、そろそろかえどきだそうだ。

毎日使うものだしね。

いま、ノーリツのHPをみたら、なんと同じ機種から、火災事故が発生しているではないか。

トップページに載ってる。

無償点検・部品交換をしてくれるみたい。

煙がもくもくでてたので、早く気付いて、大事にならずにすんで良かった。

実は、うちは、台所の小型湯沸器も先月から壊れていて、食器も水で洗ってます。

これも、後日、買います。

風呂に入れず、洗濯も皿洗いもお湯が使えず、不便です。

早くお湯が使えますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)