2013年4月25日 (木)

キツネを目撃、私の栄養素

先週の金曜日の午前10時頃、自宅のすぐ近くで、キツネを見かけました。

31年間住んでいますが、キツネを見るのは初めて。

まだ、子供で、土管のなかに入ってゆきました。

私の住む地域は、確かに片田舎だけど、山方の人からみれば、都会(まち)。 近くには、マンションやアパートが林立しています。 徒歩5分以内に商業施設があり、コンビニ、ドラッグストア、スーパー、ホームセンター、家電量販店が建っています。

えさは、どうしているのだろう。

本当にキツネは、「コンコン」と鳴くのだろうか(笑)と考えてしまいました。

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。

最近の私の心や身体の栄養源を紹介します。

①近くの雑貨屋

具体的に言ってしまうと、伊那市のかんてんぱぱガーデン内にある「サンフローラ」というお店。 かわいい、素敵、芸術的、おしゃれと感じる雑貨がたくさんあります。憧れの高級ブランドの洋食器もありました。といって私はあまり詳しくないのですが、ロイヤルコペンハーゲンがまず目について、他にも美しい花々がプリントされた磁器(ティーカップ、ソーサー、ポット)など、たくさんのメーカーがありました。目の保養になります。正直言って長野県内の観光地と呼ばれるところへ行っても、ここまで品物が充実していて、おしゃれな雑貨屋はあまりなかったかな。自分用にも、それに人に贈ったら「センスがいいね」と褒められそうなものばかり。伊那谷へ行く機会があったら、ぜひ立ち寄ってみてください。かんてんぱぱガーデンはこれから緑の季節を迎え目に優しく歩いていても気持ちが良いと思います。

②その場でカイロ

カイロの資格を持つ友人が、うちに立ち寄ってくれた時、玄関先で15分ほど首筋と肩を指圧してくれました。店舗まで行かなくても、その場でできることだから、しんどい時は声をかけてねといってくれました。すぐに血行がよくなるのが実感でき、気持ちいいんだよなあ。本当に助かります。

③1日30種類の食物をとる

毎食食べたもの、使った食物までも具体的に日記につけているのですが、一日せいぜい摂れて20種類前後でした。なにか、いい方法はないかと、某古本屋で「すてきな奥さん」とかいう雑誌を立ち読み発見。副菜を増やせばいいことか!たくさんの種類の物を少しずつ食べればいい。今話題の時短料理です。それにしても、最近の20代の主婦はハイカラなおかずを作るんだね。蒸し物をする時は、かわりにレンジを使えばいいのか。食材をお皿の上にのせるだけでいいし、食後、蒸し器やお皿を洗う必要がない。しかも、ガスで加熱するときより、早くできる。時短というわけか・・・。と私の心のつぶやきをそのまま文章にしてしまったかんじですが、ここ2週間は30種類近い食物が摂れています。機会があったら、レシピを公開します。

④リポビタンノンカフェを飲む。

リポビタンDのカフェインが入ってないもの。毎日ではないですが、いちにち一本飲みます。なぜか午前11時と決まった時間に。朝食にバナナを食べるとより体力がもちます。

⑤知花くららさんのファッション本。

ファッション雑誌「Domani」で知ってから気になったモデルさん。先月発売された彼女の初となるファッション本「Forever Basic」を購入しました。 黒・白・ベージュ・ネイビー色を基調とした服が多いですが、さすがモデルさん。スカーフやアクセサリー、素敵なシューズなどの小物をうまくアクセントにして、おしゃれに着こなしています。 どうやったら、今の自分をより女として最大限に輝かせることができるか。昔の文豪の小説(有島武郎の或る女、谷崎潤一郎の痴人の愛など)を読んだり、オードリー・ヘップバーンの映画、昔のフランス映画に登場する女優さんをみて、研究されているようです。 本人のイラスト入りのマイヒストリーも載っていて、くららさんを身近に感じます。 基本は、シンプルな装いだけど、上質なおしゃれを追求されている方は、ぜひ読んでください。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

4月20日のこれダネは、須坂市の遠藤酒造場で開かれた「花もだんごも蔵開き」の様子をおとどけしました。

この企画は今年で7回目。20日、21日と行われました。

西尾くんは人力車に乗って登場。 人力車で、酒造場から田中本家まで移動できたそうです。

最近の西尾くんは、歴史コレクションとともに、中継中に、お酒を試飲する、または、自分の意思によって?お酒を飲むというのが恒例となってきました。そのサービス精神に毎回楽しませてもらっています。

今回も、たくさんの銘柄のある日本酒を試飲。 まずは、冬の間、ずっと雪の下に眠っていた「雪中酒」を。 今月3日に、大がかりで掘り出されたもの。「味がまろやか」だそうです。氷高熟成酒という銘柄です。

つづいて、袋づくりの「かっぽ酒」 吊るされた大きな袋から、日本酒が一滴一滴おちていました。 「スッキリしますね。仕事の後の一杯にいいです」

これは、本当に貴重なお酒ですね。

竹筒に入った日本酒もあり、炭でお燗がしてありました。 味は、「竹の香りがしてベリーグッド!」その時、白い息を吐いたので、寒い中温まったことでしょう。

日本酒のハイボールもありました。 材料は、日本酒、炭酸水、に氷。ライムをのせて完成。 「飲みやすい!グビグビいけます」

最後は、どむろく。「濃厚で日本酒の風味がつまってます」

西尾佳の歴史コレクションでは、どむろくの歴史について教えてくれました。

弥生時代、米が伝来したころできた。 この時代、日本酒といえば、どむろくでした。 その後、清酒は上流階級に、どむろくは、庶民に親しまれたということでです。 今回も勉強になりました!

NBS月曜スペシャルの臥龍公園からの夜桜の中継も見ました。

夜桜も見事でしたが、くるみだんごが美味しそうだったな。

この時も、歴コレをやっていたので、ちゃんとメモりました。 臥龍公園の歴史についてでしたね。 名前の由来は、山の形が龍が伏せている姿に似ているから。 7世紀には古墳があり、室町時代には城がありました。 公園内にある竜ヶ池はをつくった人は、明治神宮や日比谷公園も設計した本多静六氏。 桜は、戦後に植えられたということでした。 これは、貴重な情報です。とても勉強になりました。 いずれも楽しく拝見しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

風邪かなと思って

今日は冬のような寒い一日。

ストーブをつけました。

昨日は、4月なみの暖かさだったのに。

この時期、寒暖の差が激しいですね。

一週間前、36.9度の微熱が2日続きました。

「喉が痛むし、これは風邪の前兆?」

ネットで風邪を早く治す方法を探して、実行してみました。

まずは、三首(首、手首、足首)を温めること。

たんぱく質をとること。 うどんの具に鶏のささ身を入れたり、ゆで卵を食べたり。

ビタミンCをとること。 はっさくや、みかんをよく食べました。

水分補給は、こまめに。こういう時は、ほうじ茶がおいしい。

その甲斐があって、週末には、平熱に戻り、風邪を引かずにすみました。

この時期、体調管理には気をつけたいですね。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

3月9日のこれダネは、昨年12月に長野市の高田にオープンした鮮魚センター「ビッグフィッシャー」からの中継でした 。

広い店内で、毎日、全国各地から50種類の鮮魚が入ってきます。

カレイ、イワシなど5種類以上の魚が入ったざる1杯が、200円!紅ズワイガニ1杯が300円!と価格も安いですね。

新潟の佐渡から来られた店員さんが、この時期おすすめの魚を紹介してくれました。

まずは、ホウボウ。赤くて黒い斑点が入った体長が長い魚。煮つけがおすすめです。

魚は、店内で調理をしてくれるそうですよ。

メバルは、鯛を小型にして、ふっくらさせたような魚。塩焼きがおすすめだそうです。試食した西尾くんは、「たまらんわ 。これ」だって。素直なコメントで味がイメージできましたよ。

鳥取のカレイ。カレイといえば、煮つけですが、刺身にして出してくれました。「とろける。脂がのっていて甘い」と感想 。カレイを刺身にすると、そんな味がするのですね。

海なし県で生まれ育った私なので、ホウボウとメバルは初めて知りました。

金・土・日は、たくさんの種類の魚が入ったタンクがあって、ひとすくい500円で提供しています。

中継内では、メキシコ産の61キロもあるマグロの解体ショーの様子も紹介されました。ダイナミック。少ししかとれない という大トロの部分をいただくことに。すでにしょうゆとわさびが入ったお皿を片手に持った西尾くん。店員が切り終える と、さっと駆け寄って、いただいてました。「とろけ具合がいい。感動する」と至福の表情。そうですよね。私は、夕食を 食べ終わったばかりでしたが、あまりにも美味しそうで、またお腹が減ってきましたよ。

普段は、解体されたマグロの切り身は、大特価で提供しているようですよ。

西尾佳の歴史コレクションでは、日本人とマグロの歴史について教えてくれました。

縄文時代の遺跡からマグロが見つかりました。 (そんな頃から存在していたのですね)。

江戸時代は、寿司が人気でした。赤身がうけていたようです。現在のように脂がのったマグロは、人気がなかったそうです 。

中継の終わりは、近くにある食堂「漁師小屋ばらっく」の様子をお届けしました。 どーんと、目の前のテーブルに、いく種類もの刺身の盛り合わせ。たくさんのカニがのったお皿。たくさんのアワビ。 西尾くんは、漁師飯だという海鮮丼をいただいてました。ご飯の上にしょうゆ漬けされた刺身がたっぷりのっていました。 豪華絢爛!ですね。 一口食べて、「今夜は興奮して眠れません」と、またもや至福の表情でコメントしていました。

栄養をたくさんとって、震災から2年を迎えた栄村の中継がんばれましたかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

日頃からの心がけ

昨日は、各地で雪が降ったそうですね。たいしたほど降らなくて良かったです。

私のうちのほうも、5センチほど積もりました。

今日は、日中暖かかったので全部溶けて地面が見えています。

先月、医者と相談し、ホルモン療法をもう3ヶ月続けることになりました。 プラノバールという新しい薬。

並行して、心療内科、必要に応じてカイロプラクティックの3本柱で治療していきます。

体調を維持するために大切にしていること。

身体が疲れたら休む、無理をしない。

心配事は、身近な人に相談。

一汁三菜を心がけた食事。

遅くても、23時30分までには、布団に入ること。

今後もこれらを守ることができればいいなと思っています。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

毎度の事ですが、遅くなってすみません。

2月2日のこれダネは、大町市の大町温泉郷からの中継。

2月の毎週土曜日の夜に「夢花火と音の祭典」をテーマに雪祭りが行われています。

かまくら、キャンドルストリート、雪見バー(雪を見ながらお酒が飲める)、温泉卓球道場、足湯などがあります。

午後8時から、和太鼓演奏が行われ、打ち上げ花火も行います。

見どころは、大きなかまくら。 敷地内に合計100個!

みんな大きさが違い、大がお父さん、中がお母さん、小が子供をイメージしているそうです。

中に入っていましたが、広くて天井が高そうですね。

この暖かさで溶けないか心配です。

特別に、番組中に花火をあげてもらいました。

西尾くんの合図で、5発打ちあがりました。 オレンジに紫に青、きれいな花火でした。

勝てば、大町観光親善大使の大町レディースの方と、ホットワインが飲めるご褒美がついた雪上卓球大会が行われました。 女性職員と西尾くんが卓球で対決し、先に3ポイントとった方が、ホットワインを飲むことができます。 負けた西尾くんでしたが、マイグラスを持参していたので2人にまぜてもらい、一緒に美味しそうに飲んでいました。

西尾佳の歴史コレクションでは、かまくらの歴史について教えてくれました。

江戸時代、秋田県の横手市で始まった。かまくら内で、どんど焼きを行っていた。

名前の由来は、どんど焼き→かまど、水神様をまつる→かみくら、からきているそうです。

1936年、ドイツ人によって、中野市に持ちこまれました。

今回も楽しく見させていただきました。 北海道出身の西尾くんなので雪に囲まれるといつも以上に元気そうでしたね。 私も元気をいただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

肩こり解消に

最近の日課は、肩こり解消を願って始めた1日30分の入浴。

40度のお湯に首まで30分間つかります。

半身浴ではなく肩こりには、首までしっかりつかるのがいいそうです。

ただ、つかっているだけでは退屈なので文庫本を読んでいます。

私のおすすめは、江國香織の「泳ぐのに、安全でも適切でもありません 」、角田光代の「だれかのいとしいひと」、辻仁成の「目下の恋人」、山田詠美の「風味絶佳」などです。

どれもちょっと前の短編恋愛小説集。

新刊はさすがにぬれてしまいもったいないので、105円でブックオフで買ったもの。

来月31歳を迎える私。年のせいでしょうか。どれも若い子の恋愛のお話しが多いかなと思いました。

江國さんが一番いいですね。

入浴剤は、毎回、バブのラベンダーの香り。

おかげで肩こりが和らいだ気がします。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

昨夜のこれダネは、長野市の西宮神社からの中継。

初えびす祭開催中でした。 今年一年の商売繁盛を祈願する催しです。

「お種銭の貸し出し」というものがあります。 えびす様の魂が入った100円玉を借りると商売が繁盛するそうです。

そのお礼として翌年には、2倍(200円)にして返すのです。

主によると、大変に儲かった人がいて、200円どころかすごい金額でお返しする人もいるようです。

西尾くんも100円を借り、視聴者のご繁栄、先輩アナ宮本さんのツイッターのフォロワーが倍に増えるよう祈っていました。

毎年、1月19日・20日に行われます。 西尾佳の歴史コレクションでは、初えびすの歴史について紹介してくれました。

江戸時代中期、兵庫の西宮市のえびす様を分霊しました。

明治時代、長野市には商売人が多く、初えびすにも大勢の商人が集まったといわれます。

1月に行われる初えびすは、商売繁盛を「祈願」する行事。

11月に行われるえびす講(花火大会)は、一年の商売繁盛を「感謝」する行事です。

そういうことだったのか。

今回も大変に勉強になりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

8年経過して・・・

今年も残りわずかとなってしまいました。

長野は、毎朝、氷点下の冷え込みです。 風邪に気をつけたいですね。

ブログを更新する間隔が一週間に一度どころか、2週間に1度のペースになっています。

いつも、ブログのことは気にかけているのですが・・・。

おかげさまで、元気にしています。

ホルモン療法は、お正月明けまで続きます。 主治医と相談しながら、心療内科とあわせて治療を続けてきます。

私が安定剤と睡眠導入剤を飲むきっかけとなったのは、8年前の辛い出来事。

このブログでも少し触れたことがあるかもしれませんが、当時23歳だった友人が自ら命を絶ちました。

周囲には、事故死と説明していたそうですが、友人の母親が私にだけ本当の死因を教えてくれました。

遺書の内容も読ませていただきましたが、当時は言葉にならない衝撃でした。

夜寝るときも、蛍光灯を消すのが怖く、テレビをつけっぱなしにしていないと(常に音が存在していないと安心できなくて)床につくことができなかったのです。 そんな毎日が3週間続き、処方してもらったのです。

8年経過した今も、真正面から向き合おうとすると辛くなってきます。 それから、ストレスが増えるごとに、睡眠導入剤の量が増えてきました。

残されたご両親のことを考えると、友人の分まで生きようという傲慢な気分にはなれませんが、天国から見守ってくれている友人のためにも元気な私になりたいと思います。

23年間という短い人生でしたが、ささいなことで喜び、人の優しさに人一倍敏感だった友人は、短いけれど濃密な人生だったと願いたいです。

そう顧みるようになった私は、睡眠導入剤に頼らずに眠ることが出来る自分になろうと、1錠ずつ減量を試みています。

友人が天国から私を眺めた時に、「安心した」と笑ってくれるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

カイロへ行ってきました

今週ようやくカイロプラクティックへ行ってきました。

看護師の資格も持つ友人による施術だったので初めてでも安心してできました。

心配された骨盤の歪みは、ほとんどないそう。

それでも、右足のほうが左足に対して、1センチほど短かったので、治してもらいました。

うなじからお尻までにある脊椎を順々に手で押して痛みがあるところに病気の原因はあるそうです。

腰からお尻にかけての脊椎の痛みはなく、婦人科の病気の要因は見つかりませんでした。

今は、以前にも書いたように今年の7月から婦人科でホルモン療法を行っていて、ピルを飲み続けているのでその影響でいまは腰から下の脊椎に痛みはないのかもしれないとのことでした。

じゃあ、私の婦人科の病気、PMSって何が原因なんだろう?

神経からきているってこと?

友人も今後、一緒にPMSについて勉強をして、アドバイスをしてくれると言っているので心強いです。

それより深刻だったのは、首筋と肩全体のひどい凝り。

カチカチに凝っているとのこと。

うなじから食道あたりの脊髄を押してゆくと、いた気持ち良かったり、しびれとともに痛みがありました。

背中全体も硬くなっており、「この状態では、安眠できないでしょう、気の毒」だと言っておりました。

なので、集中的に手で矯正してもらい、マッサージをしてもらうと、みるみるうちに血行がよくなり、身体がぽかぽか。

その後、一日中、身体が温かかったです。

肩も軽くなりました。

施術後の身体を全身鏡にうつすと、施術前は、右肩より左肩のほうがもりあがっていたのですが、左右の肩の高さが同じになり、姿勢もよくなった感じです。

一時間の施術でこんなにも身体のコンディションが変わるのかと驚きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

玉ねぎ食べ過ぎた

長野も残暑厳しい日が続いています。

この夏、母の知人や、父の実家から、立派な玉ねぎをたくさんいただきました。

早く食べないと腐ってしまうので、一日2食は、玉ねぎを使った料理を2ヶ月ほど食べ続けてきました。

たとえば、生玉ねぎをスライスして、水にさらし、トマト、きゅうり、ツナ、を段重ねにして、一番上にかつおぶしをかけ、ドレッシングをかけた料理とか。

同じものを食べ続けるのは、よくないですね。

空腹時に生玉ねぎを食べる生活を続けた結果、胃腸の調子が悪くなりました。

ネットで調べてみると、アリシンという成分が、胃壁を刺激して炎症を起こすそうです。

一日で胃腸の調子はよくなりましたが、みなさんも空腹時の生玉ねぎの食べすぎには気をつけてください。

と、私がいわなくても、賢明な方は、そんな食べ方しませんよねえ。。。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

9月15日のこれダネは、小布施町のぶどう園からの中継でした。

小布施といえば、栗が有名ですが、果物栽培も盛んです。

園内には、ナガノパープルなどの比較的新しい品種のぶどうがたくさんなっていました。

ナガノパープルは、見た目は巨峰。
巨峰より実は大きい印象を受けました。
皮ごと食べれて、種がありません。

生産者は、今年は近年になく冬は晴天がつづき、ブドウ糖の濃度が高いものが出来た。
春先から愛情こめて育ててきた、と話していました。

私の母の実家も巨峰の栽培をしているので、生産者のご苦労察し致します。

西尾くんが、ナガノパープルを被せた袋を取り、手にすると、ずっしりと重く実が大きい、と言いました。

口にすると、うまい!を連発。
「甘味ものっていて、ジューシー。食べた後も、ぶどうの香りが残ります」
と感想をいい、すかさず2粒目へ。
止まらないおいしさだそうです。

もう一つの主力の品種「シャインマスカット」

きれいな黄緑色をしていて、蛍光ペンのような明るさがあります。
これも、皮ごと食べれて、種無しです。

「さわやかな甘味。後味すっきりです」と西尾くんが味の感想を述べていました。

他にもぶどうの品種があり、「ベニバラード」と「クイーンニーナ」という赤い大粒のぶどうが登場しました。

「クイーンニーナ」は、特に注目を集めています。

西尾佳の歴史コレクションは、ぶどうと長野の歴史について教えてくれました。

江戸時代の初期に山梨から、松本市の山辺にやってきました。

1970年、巨峰生産量が日本一となりました。

2009年には、長野県産のナガノパープル、シャインマスカットの生産量が、全体の16%を占めるようになりました。

9月22日には、Aコープすこう店でぶどう祭りが開かれます!

ぶどうがおいしい季節ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

PMSの治療

このブログは、男性も読んでいます。

なので、私の婦人科の病気の経過を書いていいものか、迷いましたが、今の私の病気の現状を知っていただくため、あえて書くことにします。

以前にもブログで触れましたが、3年前に月経前症候群(PMS)と診断されました。

月経の始まる2週間前から、気分の浮き沈みがあり、前日には失神するほどの痛みに襲われました。

7月の中旬から、主治医に相談し、6ヵ月間、毎日欠かさずピルを飲み続けることで、月経を止めています。

(私は、ビホープAという中用量ピルを飲んでいます)。

治療を開始して一ヵ月半が経ちますが、気分の浮き沈みがなく、雑念も浮かぶことなく、落ち着いた精神状態になりました。

以前より、快適な毎日を過ごせています。

副作用は、今のところありません。

そもそも痛みが生じる原因は、カイロプラクティックの資格を持つ友人に触診してもらって、判明した骨盤のゆがみによるものかもしれません。

ピルを飲み続けるのは、応急処置であり、根本的な解決にはならないのかもしれませんが、友人や主治医と今後について相談し、賢明に治療を続けてゆきたいと思います。

追伸 私が8年通う心療内科では、7年前に「抑うつ神経症」と診断されました。
今の病名は不明です。
私の場合、ピルの他にも、抗うつ剤、精神安定剤、睡眠導入剤をあわせて飲んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

カイロで施術

昨日、カイロプラティックを学んでいる友人に会う機会があった。

「骨盤のゆがみって、触ってわかるものなの?」

と聞いたら、早速、調べてくれました。

骨盤の高さが左右で違う。

背骨が曲がっている。

肩こりがひどく、パンパンにはっている、とのことでした。

看護士の免許を持っているので、薬の服用について尋ねたら、やっぱり良くないそう。

東洋医学って身体に良さそうですね。

連絡すれば、訪問して施術をおこなってくれることになりました。

これは、心強い。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

一昨日のこれダネは、27時間テレビ直前。
上田市の民宿あずさ号からの中継。

リポーターは吉田アナで、お台場のスタジオに出演する上小牧アナと西尾くんは、鉄道員の服装をして、翌日のアナウンサー歌謡大賞で披露する「あずさ2号」の練習真っ只中でした。

もちろん、昨日見ましたよ。

2人とも息が合っていて、歌が上手かったですよ。

審査員から合格点18点をいただきました!

当日も鉄道員の服装。

審査員で鉄道ファンであるタモリさんと握手をし、何線が好きですか?と尋ねてましたね。

タモリさんは、青森のなんとか線(^_^;)が好きだと言ったら、すぐに西尾くんわかって、分かち合えていましたね。

タモリさん、上小牧さん、西尾くんで、電車ごっこのように3人でつながり“団結”じゃなくて、
“連結”ができて良かったですね。

見ていて自分もとっても元気がもらえましたよ。

エンディング特大号でも、レギュラー陣の後ろを陣取ったFNS各局アナウンサーのみなさん。

その中でも、西尾くんは背が高いので目立っていました。

たくさんうつってましたね。

長時間ご苦労さまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

小さな命に励まされる

ビホープからルナベルという薬に替えて、その後の経過を見ていたのですが、症状が改善されませんでした。

副作用なのか、夜、思うように眠ることも出来なくなりました。

その前、最中には、お腹を温めたり、身体を冷やす夏野菜は控えたり、血行を良くするツボ、痛みをやわらげる身体のツボを刺激して自分なりに努力はしてきましたが、再び激しい痛みが襲いました。

ちゃんと、婦人科で治療しているのに、他に何が原因なのか。

骨盤にゆがみがあると酷くなる、と誰かから聞いたことがあったので、整体院に通うことも考えましたが、通うとなるとかなりの施術料がかかることがわかりました。

悩んだ末、半年間、排卵を止めることに。

見た目80歳に近い主治医に話すと、「半年かあ」と小さく呟いていましたが、判断が下りました。

以前飲んでいたビホープを180日分処方されました。

また不安な日々が続きますが、そんな私の癒しというか、励ましは、2週間ほど前に保護した足が2本足りないクワガタの生命力。

障害をおっているのに懸命に生きています。

うちの庭にいたのも何かの縁。

ハンディを背負っているのに、前向きに生きようとしているのが、誰か(自分?)に重なります。

もうすっかりうちのペットになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧