2012年2月25日 (土)

キャッチコピー

半生記の出版は、保留状態ですが、機会があったら、青少年へ向けて講演会活動を引き続き行いたいです。

報酬なしで行うこともありますが、わずかでもギャランティーが出ると、なおありがたいです。(私の今の経済状況から言うと・・・)。

半生記の件を頭の隅に置き、最近、興味のあることがあります。

コピーライターです。

特に、企業のキャッチコピー。

私の印象に残るものだと・・・

ロッテの「お口の恋人」
考案者は、ドリフターズの仲本工事さんのお母さん。
一般公募だったそうです。

ドコモの「手のひらに、明日をのせて」

コカコーラの「NO REASON」
私の英語力で略すと、「理由なんてないさ」
私流に解釈すると、「コカコーラがおいしいという感覚に理由なんてないさ」

アピタの「イイこと、プラス」

などが好きです。というか、他の企業のキャッチコピーが寸時に思い出せないです。

オファーほしいですね・・・。私に下さい!なんて(^-^)

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、阿智村の昼神温泉にある「石苔亭いしだ」からの中継でした。
昼神温泉は、19の旅館がある、南信最大の温泉郷です。

「石苔亭いしだ」では、4月3日まで、二千体もの雛飾りが展示されています。

ロビーに能舞台があり、そこを登ると真ん中に250体の雛人形が置かれ、両サイドに吊るし雛が飾られています。

(能舞台は、普段、狂言の公演が行われるそうです)。

一本に11体ついていて、55体あります。

一本の吊るし雛に、金魚、風車、巾着、ひよこ、米俵、扇子など、着物の布で施された、

様々な種類・形の人形がついています。

人形それぞれに願いがこめられています。
ひよこには、「大きく成長できますように」巾着は、「お金に不自由なく暮らせますように」との願いが込められています。

西尾くんいわく、おすすめの眺め方があるそうです。

それは、頭を低くして、下から上を覗き込むように見ると一層よいそうです。

西尾佳の歴史コレクションでは、昼神温泉の歴史について教えてくれました。

「歴コレ」のふりを女将さんがしてくれましたね。

古代、ヤマトタケルが、ニンニクを投げて、怪物を退治しました。

ニンニクは「ヒル」とも呼ばれていて
「ヒル」を噛んだので、ヒルをかみ→ヒルカミとなり、昼神の名前の由来となりました。

1973年、鉄道のトンネルの工事中に、温泉がでて、温泉郷として賑わうようになったそうです。

今回も勉強になりましたよ。

ちなみに、女将さんが「これダネ」の視聴者だけに、お得な情報を教えてくれました。

予約の電話をしたとき、電話を受けた旅館の従業員に「土曜はこれダネ」を見たとまず、

言います。その後、旅館に飾られている吊るし雛は、何体あるかとのクイズを出します。
そのクイズに答えられたら、通常一泊29400円のところ、18000円で泊まれるそうです!これは、お得ですね。

クイズの答えは、このブログの中にヒントがありますよ。

P.S 西尾くん、本題の流れで申し訳ないけど、長野放送のキャッチコピーが必要になった場合、私に考えさせてください。←冗談とも、本気ともとれる叫び(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

ヒロシ民泊したんです

昨夜の金スマを見たら、ヒロシが出ていました。

5年も続いた空白のスケジュール。

世間から消えていた日々のヒロシの自らの出来事を面白く自虐ネタにして披露してくれました。

実は、ヒロシ、私の父の実家に泊まったことがあります。

テレビ番組の企画で、民泊したのです。

手料理を食べたり、楽しくおしゃべりしました。

帰り際には、農作業のお手伝いもしてくれました。

2年前のこと。
確かこのブログでも紹介しましたね。

翌年の年賀状には、親戚一同そろって、ヒロシと撮った写真が載っていました。

それから親近感があります。

母とも、ヒロシの人気が復活してほしいね、と話していたところです。

新聞のテレビ欄にヒロシの名が出ていると、しっかり観ました。

最近は、笑点、しゃべくり007。

缶コーヒーのBOSSのCMにも出ていましたね。

来週の月曜日には、笑っていいとものテレフォンショッキングに出るとか。

今日は、本の発売日。

今後の活躍に期待しています。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、松本市のやまびこドームから、明日まで開催中の信州夢街道フェスタについてリポートしてくれました。

フェスタは、放送時間には終了してましたが、ドームをバックに西尾くんが芝生の上に座って登場しました。
くつろいでましたね。

このイベントは、毎年開催されていて、県内、県外、海外からおいしいグルメが集結します。

各地のミスも各ブースにいますよ。

西尾くんは、終始ミスに囲まれていました。

ミス富士山は、「しゃれて鱒」という鱒の形をした中に白あんが入ったお菓子。
相模原市観光親善大使は、神奈川県のブースから、黒豚シューマイ。
南知多マリンメイクからは、しらす。
さくらキャンペーン大使からは、天使のプリン福(プリン入り大福)。
ミス松本からは、生地にそば粉が入った野沢菜のおやきを、それぞれ各ミスから直接あ~んをして食べさせてもらってました。

放送中、ミス全員との絆が深まったようです。
最後には、一人ひとり、西尾くんとハイタッチ。
それで、中継終了。

西尾佳の歴史コレクションでは、「街道の歴史」について教えてくれました。

江戸時代以降、参勤交代が原点。

明治時代になると、交通手段は、鉄道が主流で影を潜めます。

今は、自動車の普及で街道が発達してきました。道の駅などありますね。

今週も勉強になりましたよ。

次回も、登場の仕方、触れ合う人と西尾くんの独特のかけあい、期待してます。

余談ですが、私もミスに負けないくらい美しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

challenged、鶴峯公園

ドラマ「チャレンジド」を観ていたら、書こうとしていたことを忘れてしまいました。

内容が良かった。佐々木蔵之介さんの演技に圧倒されてしまった。
熱い演技にいつも感銘を受けます。

ところでタイトルになっている「チャレンジド」

スペルだと、「challenged」

英語で精神や身体に障害がある人を表わします。

日本語だと「障害」って後ろ向きな漢字の連続です。

英語だととても前向きな響きになりますね。

語源はわかりません。

いつもチャレンジ精神を持っていたい、と主人公で盲目教師役の佐々木蔵之介さんが言ってました。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

このコーナーも復活します。

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、岡谷市の鶴峯公園からの中継でした。

高台にある公園内に30種類3万株のツツジが咲き誇っていました。

中部では一番の規模なのだそうですね。

濃いピンク、薄いピンク、紫、赤、白などがあり、遠くから写すとパッチワークのようです。

色によって遅咲き、早咲きがあります。
白が一番遅いとのことでした。

ひとつの株から赤とピンクのツツジが咲いているものがありました。珍しいです。

地域の人たちが剪定作業を行っています。

西尾佳の歴史コレクションでは、鶴峯公園のツツジの歴史について教えてくれました。

そこは大正時代、片倉財閥の所有地であった。

当時村だった岡谷市が、300株のツツジを注文。

しかし、間違えて貨物列車3台分のツツジが送られてきたとのことです。

今週も勉強になりました。

リポートをしながら、おいしそうなうな重を食べていましたね。

岡谷といえば、うなぎですもんね。

市のマスコットもうなぎがモチーフで、すわこ太郎とうーなちゃん。

うなぎ音頭も存在し、踊ってましたね。

毎回、元気いっぱいのレポートをありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

あの人の素顔

今夜のこれダネは、須坂市の遠藤酒造場からの中継でした。

「花もだんごも蔵開き」というイベントをしていました。

今年はチャリティーイベントとして開催します。

お酒が無事に仕込みを終えたことを知らせるイベントでもあります。

開催中は、酒蔵見学無料。利き酒200円。マス酒300円です。

西尾くん、お酒をたくさん飲んでいましたね。

私は、かれこれ3年ほど、一滴もお酒を飲んでいないので、羨ましかったです。

竹筒に入った熱燗を口にした西尾くんの息が白かったです。
外の気温は8度。
温まったでしょう。

氷高熟成酒という商品がありました。
1月に3000本のお酒を雪の中に入れ、2ヵ月半保存したそうです。
マイルドな味になります。
お酒を埋めるお手伝いは、西尾くんも参加しました。
これも美味しそうに飲んでましたね。

もろみが入った大きな袋から、ボールの中にお酒がぽたぽたと落ちていました。
これも飲んでました。

あと、目から鱗の物体が。
竹の側面に蛇口がついていました。立ててある竹の空洞にお酒が入っているのです。
蛇口をひねると、お酒がでてきます。
びっくりしましたよ。
竹の風味がついて、これもまた美味だそうです。

西尾佳の歴史コレクションでは、「人類と酒」をテーマに紹介してくれました。

お酒は、紀元前5000年頃、メソポタミア文明には存在しました。
主に食料源で、権力者しか飲めませんでした。
ヨーロッパには、ワインやビール、モンゴルには馬乳酒が出始めたということです。

今週も勉強になりました。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

「西尾佳」で検索して、このブログにたどり着く人が多いですね。
アクセス解析でわかります。
きっと知人、ファンの方ですね。

友人の私だから知っている西尾佳くんの素顔を紹介します。

明るいキャラクターの反面、実はとても繊細な心の持ち主で、普段も優しい人です。

入社したばかりの頃は、よく悩みを話してくれました。
逆に私の悩みも聞いてくれて、アドバイスをくれたこともあります。
「お互い真面目な優等生だから、ふだん困難にぶち当たったらサボる習慣を身に付けたいですね」というようなやりとりもしました。

パソコンは普段あまりやらないそうですが、メールのお返事は必ずと言っていいほどくれます。なかなか律儀です。

女性ファンは気になるのでしょうね。
既婚者か、未婚者かどうかといいますと・・・私は知っていますが、言いません。

これからも、西尾佳くんを温かく応援してあげてください。

とっても喜びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

遅くなりました。

西尾佳アナ情報が遅れてしまいましたね。

一昨日のこれダネは、安曇野市のビレッジ安曇野からの中継でした。

気温が0度~1度。信州はまだまだ寒いのです。

灯火チャリティーイベント「第2回灯火に願いを」を開催していました。

広場に800個ものランタンが点在していました。

ペットボトルを半分くらいに切った中に水を入れ、その上にろうそくを立てているそうです。それに子どもたちの絵が描かれてある紙袋を被せて、温かいオレンジ色の光が灯っていました。

募金をして、集まったお金は日本赤十字社に送られます。

西尾佳の歴史コレクションでは、日本赤十字社の歴史を教えてくれました。

寄付を資金源に世界中の医療活動をする団体。

1859年、アンリーデュナンが敵味方なく助けたいと始まりました。

1860年、日本赤十字社の旗は、スイスの旗をもとに作られたということです。

今回も勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

今夜のこれダネ

今夜のこれダネは、「今私たちができること」をテーマに放送。

印象的だったのが、岡谷市上の原小学校の6年生の活動です。

2006年7月、大雨による土石流が校舎を襲い飲み込まれてしまいました。

その後、たくさんの人々から支援を受け、復旧作業をし、安心できる学び舎が完成しました。

「あの時、いろんな人が力になってくれた。恩返しをしたい」と6年生の女の子。

男の子は、「同じ痛み、同じ苦しみを知っているからできることです。募金は皆で話し合って決まったことです」と、大人顔負けの受け答え。

4日間で、22万円が集まり、生徒たちは岡谷市長に募金箱を届けました。

お金が被災者の希望へと変わるといいですね。

番組には、大震災を始め、先日震度6強の地震が襲い、今も1566人の村民が避難生活を余儀なくされている、栄村へのお見舞いの言葉が寄せられました。

西尾佳アナの中継は、須坂市の須坂市動物園からでした。

アカカンガルーのハッチがいることでも全国的に有名ですね。

明日と明後日、同園は、春の動物祭りを無料にして、その分、募金を行うそうです。

今夜の西尾アナのメインは、明日、明後日行われる「須坂市動物園代表選出選挙」のことでした。

ハッチに代わるアイドルを決めるということです。

園内のログハウスに本物の投票所そのままに再現してありました。
それもそのはず、投票箱もしきりも記入する台も須坂市の選挙管理委員会からお借りしたものです。

選挙の目的は、今年の顔を決めること。
当選するとチラシやポスターに採用される。

もちろん、お子さんでも投票できますからね。

フンボルトペンギン、ひつじ、川上犬、信州黄金シャモ、ボリスブラウン(アメリカ産のニワトリ)、モルモット、ベンガルトラ、バーバリーシープ、レッドスネークヘッド(肉食魚)、ツキノワグマ、ニホンカモシカの計11匹の候補者、顔ぶれです。

スタジオでは、フンボルトペンギンは握手ができるから、有利ではとの声があがっていました。

私は、白い毛で赤い瞳のモルモットがいいですね。小動物が好きだから。

西尾佳の歴史コレクションでは、須坂市動物園の歴史を教えてくれました。

1962年、 臥竜公園の30周年記念として同園はオープンした。
2001年3月に、日本一有名なアカカンガルーのハッチを迎えた。
同園にいるオジロワシが日本一の長寿。38歳。

とのことでした。今週も勉強になりましたよ。

P.S 西尾くん、最近、私の記事読んでくれているかな?アクセスが・・・。
毎週、こういう記事書くのにけっこう時間かけて、神経を削っているよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

貯金箱の歴コレ

昨夜のこれダネは、千曲市の貯金箱博物館「にしざわ貯金箱館」からの中継でした。

オーナーが集めた貯金箱3000点が置いてあります。
貯金箱は種類が多いので集めがいがあるそうです。

今回はなんと西尾佳の歴史コレクション「歴コレ」が、パート3までありました。

まずは、貯金の歴史から紹介します。

貯めるということは、縄文時代の「かめ」から来てるそうです。これは食料を貯めるためですが。

原型は、2100年前中国にありました。

室町時代には、せんべい壺が登場します。これには実際、銭が入ったものが出土したそうですね。

明治時代から貯える習慣が始まったそうです。

では、歴コレパート2です。
人気キャラクター貯金箱の歴史。

50年代の鉄腕アトム、ウルトラマン、80年代のガンダム、ドラゴンボール、最近ではプリキュアなどがありました。
ガンダムの貯金箱に小銭を入れると目が光ってました。
なぜ、貯金箱にキャラクターが採用されたのかというと、楽しみながら貯金をするためだということです。

歴コレパート3です。

なぜ貯金箱にブタが多いのか。

もともとヨーロッパで多い。
ブタは幸福のシンボルとされている。
「pygg bank」を「pig bank」と勘違いして、作られたそうです。

今回も勉強になりました。

昨日は、西尾くん大活躍でしたね。

他にも大阪万博の太陽の塔の貯金箱、SL、長野オリンピックのスノーレッツ、公衆電話、山手線の車両の貯金箱がありました。

コインを置くと、片手を出したワンちゃんが出てきてコインを入れてくれる貯金箱。
コインを入れると、ゴジラが暴れだす貯金箱、コインをやるとエサを食べだす犬の貯金箱などたくさんありました。

スカイツリーの貯金箱がありましたね。実物は建設中ですが、こっちの貯金箱はすでに完成してましたね。
500円玉で貯金すると、63万4000円貯まるそうです。
634メートルにちなんでですね。

番組中、西尾くんも貯金箱を持参し、かなづちで割ると、合計56円くらしかありませんでした。

面白かったよ。

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。

密かに大谷アナのお天気コーナーも毎回楽しみにしています。

気象現象を明快に分かりやすく、大谷アナの女性らしい優しい視点で解説してくれます。

それに、大谷アナと私なんかを並べて恐縮ですが、感受性が似ています。

だから、とても親近感があります。

気象予報士の免許をお持ちなのでしょうか。

それというのも、かつて、気象予報士試験をかじったことのある私には分かります。

すばらしいお天気解説ですね。

病気を理由に断念してしまいましたが。

だから、大谷アナには、私の分も頑張っていただきたくて。

いつも楽しみにしてますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

土曜のお楽しみ

毎週土曜日のお楽しみ。
長野放送のアナウンサー西尾佳くんのリポート内容を紹介しましょうか。

今夜のこれダネは、西尾くんの中継から始まりました。
中継先は、山ノ内町の長野電鉄湯田中駅から。

午後6時01分着の電車がホームに入ってきました。

今日デビューした列車。

顔は地獄谷の温泉に入るお猿さんの顔の色で赤、横は白にグレー。白は雪の色をイメージ。

電車は、もともと成田エクスプレスだったもの。

それが、長野電鉄カラーに染められて、スノーモンキーとして第二の人生をスタートさせました。

鉄道ファンの西尾くんは、一眼レフのカメラをさげて服装もばっちり決まってましたね。

車内の座席(シート)は、全体的が黒で、背もたれが赤でした。
それでも十分な高級感はありましたが、プラス1000円を払うと、豪華な個室に乗れます。まさにVIPな気分になりそうですね。

スノーモンキーへは、乗車料金プラス100円で乗れます。さらに、1000円払うとVIP席に乗れるということですね。

運転席からもリポートしてくれました。

汽笛が、ミュージックになっているんです。人に優しくできている汽笛ということだそうです。

西尾佳の歴史コレクションでは、長野電鉄の歴史について教えてくれました。

皆さんすいません、西尾くんが貴重な歴史を教えてくれたのに、私のメモった字が汚すぎて読めません。

では、わかる範囲で。

1922年、もともとは終点を十日町まで伸ばす予定でした。
1930年、志賀高原の開発に・・・。(その先の字が汚くて読めません)。
1961年、上野発湯田中行きの列車があった。

だそうです。間違っている部分があったらごめんなさい。

中継後半は、湯田中駅舎を紹介してくれました。
駅舎の隣に温泉があり、向かいに足湯がありました。

ズボンの裾をたくし上げて、登場したと思ったら、足湯に入るためだったのですね。

気持ちよさそうでした。

今夜もお疲れさま。

次回は、ちゃんと歴史をメモりますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

ふかわ観察日記

昨夜は、アジアカップ日韓戦のハーフタイムには、NENS23の松原キャスターに心を奪われていました。前々から素敵だな~と思ってましたが、夢の中に現れてから、決定的になりました。母の眼鏡を借りて見ています。(ここ数年すっかり目が悪くなってしまいました。パソコンの影響があるのでしょうね)。

もし松原キャスターが目の前に現れたら、瞳孔が開いてしまいそう。

かつてサラリーマンがニュースJAPANの滝川クリステルに夢中になっていたように、いまは松原キャスターを目的にっていう女性ももしかしたらいるかもしれませんね。

あっ、西尾くん違いますよ。貴方は私の弟的存在であって、アナウンサーの中では貴方を一番ひいきにしていますから。

しかも、フジテレビ系列じゃない番組のキャスターですからね・・・。

そういえば最近、私がいちおう贔屓にしている芸人さんで登場していない方がいましたね。

そうです。ふかわりょうさんです。

あくまで、ふかわさんが私のタイプではありません。
ふかわさんの熱狂的ファンと呼ばれる“ふかわマニア”でもないと思います。
ただ、好感を持っていて多才な方なので注目はしています。

私の年上の友達の知人の大学時代の同級生が、ふかわさんということが昨年わかりました。
世間って意外と狭いものだな~って感じました。
私もふかわさんのラジオ番組に投稿して紹介されたこともあり、接点はあるのです。

“ふかわマニア”のバイブルとされている「週刊ふかわ」は、メルマガ登録してあります。

毎週読んでいた時期もありますが、いまはたまに読んでいます。

1月23日号を読みました。
いや~楽しい。面白い。

ふかわさん、これを書くために一週間を生きているんだろうな。
全速力で身を削って書いているのだろうな。
そう毎回思います。
読んでるほうは、楽しく感じちゃうけど。

テレビを見て皆が知っている、ふかわさんのキャラクターを掘り下げた文章です。
完成度も高いと思います。
テレビで見る以上に100倍男らしくて優しさにあふれた文章を書くときもあります。

この面白さ文章に出さないで、テレビで出していたら、もっと芸人として売れたのではないかと思わされます。

でも、だいたいフリートークは苦手なようで、いいものを“持っている”のにカットされてしまって残念です。
しゃべりがぎこちないし、司会者がこれは厄介な内容になると察すると、他の出演者に話をふったりしますね。
一時間番組の尺では納まらないのでしょう。

だから、ふかわさんの面白さを知るには、ふかわマニアが録画して、親切にYOU TUBEに投稿した動画を見るしかないのです。

過日、芸能人が自分の特技を競い合ってNo1を決める番組に出演していました。
かつてピアニストを目指していたふかわさんは、前回を上回る点数を出しましたが、あと一歩及びませんでした。

番組内で、練習風景として紹介された場所は自宅かと思われますが、すごい広さでした。都会だし、よっぽどの高収入じゃないと住めないでしょう。

多方面で活躍されているし、昨年アーティストとして、ロケットマン名義で出したシングルがアイチューンで1位に輝いたので、富を得たのでしょうか。

ふかわさん、一時期は来年消えそうなお笑い芸人ランキングに入っていたのに、乗り越えて、追い風が吹いていますね。

ここまで書く私は、なんだかんだ言い訳しても、ふかわマニアなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

メインは西尾アナ

今日は、西尾アナ情報をメインに書きます。

☆長野放送 西尾佳アナ情報

昨夜のこれダネは、長野市の飯綱高原スキー場からの中継でした。

西尾くんは、スキー場のなだらかなコースをそりで滑って登場しました。
この登場のしかたGOODです。

今回は限られた放送時間内で西尾くんはいろんなことを披露してくれました。

西尾くんのタイムにより近かった人が勝ちという面白いルールのタイムトライアル大会を開催。西尾くんは500メートルのコースを52.07秒で滑りました。
慎重に滑ったので、これは遅いタイムです。
30人ほど挑んで、51.36秒というタイムを出した小学生の男の子が優勝でした。
西尾くんのタイムに合わせるために、男の子はわざとゆっくり滑ったのですね。

エキサイティングスノーバトルといって、3人ずつに分かれ、雪玉でドッヂボールのようなことをしていました。

西尾佳の歴史コレクションでは、雪合戦の歴史について教えてくれました。

戦国武将が武器がなくなって雪合戦が始まったといいます。
1988年には、国際ルールができました。
近い将来オリンピック種目になるそうです。

今週も貴重な情報をありがとうございました。

このブログでのコーナーが復活したせいか、西尾くんはいつも以上にテンションが高く感じられました。

ちなみに、飯綱高原スキー場では、29日の夜6時~9時まで、これダネが提供したサービスでゲレンデを無料開放するそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)