2005年12月 5日 (月)

Excuse me......

私は一昨年まで、英会話の勉強をしていました。
独学なんですが、学生時代の英語の教科書・辞書・参考書を引っ張り出してきて、文法を勉強しなおしました。
それに、NHKの英会話番組、テレ朝のスマステのベラベラステーションを毎週録画して「使える英会話」を覚えました。

「学校で習う英語は海外に出たときに役に立たない」
これは、学生時代にも思っていたし、英語の先生でさえ話していました。
高校に入ると英語の授業とは別に、オーラルコミュ二ケーションという授業もありました。リスニングとスピーキング能力の向上を目指し、積極的に英語によるコミュニケーションをとる姿勢を身につける、ものなのだけれども、文法にとらわれ、点数を取るための勉強であるのにかわりがありませんでした。

発音の訓練をしていると、英語なまりの日本語になってしまう。
ニュースなど見ていても、アナウンサーの話し方で「この方英語が話せるんだなあ」と思ってしまうのです。

ビデオを何回も見直して、ノートにメモり、画面に向かって一緒に発音する。
せっかく習っても、すぐに実践できる場があればよいのですが、使う機会がないので忘れていってしまいます。
私の住む町は、ブラジル人が多く、スーパーにはブラジル人向けのコーナーが設けられています。案内標識にも、日本語の注意書きの下にポルトガル語が書かれています。町を歩くとポルトガル語を目にする機会が多いのです。

なので、この人は英語圏の方だと思ったら、声をかけて通じるか確かめてみたくなったものでした。

昨年の6月だったか、地元にプロレス団体ZERO-ONEが来ました。
アメリカ人に確実に会える機会は、プロレス会場でした。
私は、開場時間より2時間も早く会場入りし、外国人選手と会話をしてみよう!と決心しました。

そういえば、あの大会が橋本選手を見る最後の試合となってしまいました。
高田モンスター軍からの刺客として参戦したマーク・コールマン選手(元PRIDE王者)との試合でした。こんな田舎で橋本真也VSマーク・コールマンの試合が見られるとは、もったいない感じもしましたが、嬉しかったですね(おっと話がズレてしまった)。

散歩をしていたレオナルド・スパンキー&スティーブ・コリノ選手に背後から「Excuse me」と声をかけたものの恥ずかしくなってしまい、普通に「すみません」と言い直しました(;^_^A

マーク・コールマン選手にお会いした時も、普通に色紙とマジックを差し出したら、サインと分かったようで握手して、「Thank you」と言っただけで話す機会を逃してしまいました。

Excuse meとThank you.......。

教室か塾にでも通わないと多くを話す機会がありませんね。

日本人でさえ会話を交わす日がないのに、英会話なんてね......。

結局、英会話番組を録画したビデオは不要になり、いまやプロレス中継を重ね撮りしている有り様です(^^ゞ

*全く関係ないですが、NHKの英会話番組の一般回答者として、売れる前の、吉本興業所属ロバート・馬場さん(髪が緑色の方)が出ていました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年9月19日 (月)

新日HPの「写真と経過」

実際にプロレス観戦に行く機会が少ない私は、即日更新される新日HPの写真と経過を観るのが毎日の日課となっていた。しかし、ここ数ヶ月前から新日のFC会員でないと見られなくなってしまったのが残念でならない。そう思ってる人はたくさんいることだろう。女の子がコンビニでプロレスの週刊誌を読んでいるのを一度も見た事が無いが、そういう事態になってしまったことで私はコンビニに長居することが多くなってしまった。うちの地元のコンビ二や本屋にはゴングか週プロのどちらか一方しか置いてない場合が多い。唯一ローソンだけが両方置いてある。毎週毎週、じっくり読んでいると店員に顔を覚えられてしまうが”読みたい”気持が勝って通っていた。自分と同じような考えをもっている人がいるのか、プロレスコーナーの所には男の人がよくいて、私は隣でその人が読み終わるまであまり関心のない女の子専門誌を読んでいる。腹中で「早く読み終わってくれないかな」と念じながら。やっと読めると思って手にとると、表紙が手の汗で湿っている少し気持悪かった。その帰りに近所の西友に寄り、何気なく雑誌のコーナーに目をやるとなんと両方あったのだ!私は飛び上がるほど嬉しかった。いままでなかったのに、店員かお客さんがリクエストして置くようになったのか?主婦をターゲットにした雑誌が多い中、目立っている。そのぶん、折り目や誰かの手の汗で湿っていることもなく新品同様のまま手に取れる。それにローソンのように後ろで私が読み終わるのを待ってる人を気にせず、じっくり目を通せるのが嬉しい。プロレス記者が書く記事は個人的感想が入っている。それもいいのだが、試合日から数日経っている。新日のHPがよかったのはやっぱり即日、記事によって試合結果と試合運びが分かること。それにPC画面いっぱいに広がる、選手が技をかけている写真があるところ(その他の写真で)。どうか前のように、FCに入ってなくても誰にでも観られるようにしていただきたい。新社長さんよろしくお願いします。ってココで書いても意味がないけれど(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)